ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 三浦しをん「仏果を得ず」 | トップページ | 【第8節 セレッソ大阪戦 ○ 2-1】 »

桜庭一樹「私の男」

842番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から二人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。
読むのは二度目。花は、奥尻の津波で孤児になった場面が、一番気になりました。花の出生の秘密も、なんとなく暗示されています。そこも気になりました。津波から逃げる際、「生きろ!」と言われ、トラックの荷台に父親に乗せられた花。どうしても今回の震災を思い出し、読んでいてつらいものがありました。
淳悟も花も幼少期のつらい思い出が多すぎる。震災の後読むと、まったく違う読み方ができる。愛に飢えるって、こういうことなんだと、衝撃でした。震災でつらい思いをした子供たち、なんとか克服していければと思いました。被災地にいる一人として、痛感したのでした。

« 三浦しをん「仏果を得ず」 | トップページ | 【第8節 セレッソ大阪戦 ○ 2-1】 »

本・桜庭一樹」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

この本の避難するシーンがなぜか強く心に残っていて、震災で津波を知ったとき連想しました。。。
震災の遺児が健やかにすごせるよう、自分が何をすべきか。
やることはまだまだありますね!

ありがとうございます。
私は花が震災で遺児になった経緯、すっかり記憶の彼方にありました。読み始めて、思い出したくらいです。トラックの荷台に無理やり乗せられた場面は、思い出してもつらいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/42061843

この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹「私の男」:

« 三浦しをん「仏果を得ず」 | トップページ | 【第8節 セレッソ大阪戦 ○ 2-1】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。