ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 三浦しをん「木暮荘物語」 | トップページ | 【第29節 アビスパ福岡戦 ○ 3-0】 »

中島京子「小さいおうち」

849番 ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

赤い三角屋根の家で美しい奥様と過ごした女中奉公の日々を振り返るタキ。そして60年以上の時を超えて、語られなかった想いは現代によみがえる。

はつものの作家さん。直木賞作品です。

とても面白かったです。構成もしゃれています。タキが、ひたすら若いときの暮らし(お屋敷での女中生活)を語っていくだけでなく、親類の若い男性を登場させたり、論文みたいなのも挿入したり、楽しい作品でした。

戦前、戦中の上流家庭での暮らしが想像できる作品でした。坊ちゃまにせっせと尽くす姿は、とてもけなげでした。奥様の秘めた恋、ありかもしれません。戦争中も本格的な空襲が始まるまで、「勝利」を信じ続けた普通の人たち。実際は確かにこうだったかもしれませんね。

« 三浦しをん「木暮荘物語」 | トップページ | 【第29節 アビスパ福岡戦 ○ 3-0】 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

ほっそさん、おはようございます。
わたしもこの本大好きです。
戦前戦中の上流暮らし、とても魅力的でした。
そして、最終章も・・・
改めて、作中の人物たちは、ほんとうは何を考えていたのだろうか、どういう気持ちでいたのだろうか、と考えてしまいました。

途中までは戦前の上流家庭の優雅さを楽しみながら読みました。
それが最終章では、自分の中ではがらり変わって。。。
タキと奥様の絆の強さを感じましたねー。
赤い三角屋根の家の思い出の中で生きていたようなタキだっただけに、真実を知ろうとする弟の孫の存在がなんとなく嬉しかったです。

ありがとうございます。

ぱせりさん、豊かな気分で読み終わった本でした。昔のことは自分の都合のいいように覚えていますよね。タキの暮らしなら、確かにそうでしょう。ぱせりさんがご指摘の通り、登場人物たちの本音、想像するのも楽しいです。

kanakanaさん、確かに。彼が登場しないと、ただの回想録になりかねないものでした。坊ちゃまを訪ねて、出かける展開も素敵でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/42571922

この記事へのトラックバック一覧です: 中島京子「小さいおうち」:

« 三浦しをん「木暮荘物語」 | トップページ | 【第29節 アビスパ福岡戦 ○ 3-0】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。