ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 今野敏「リオ」「朱夏」「ビート」 | トップページ | 【天皇杯4回戦 セレッソ大阪戦 ● PKでした】涙・・・ »

河北新報社「河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙」

876番 ★★★★★

読んでいて泣いてしまった。いろんな感情が湧きあがってきました。

震災直後の私と新聞のかかわりについては、こちらで閲覧ください。

停電して、ラジオでの断片的な情報は、頭に入っていかず、翌日の朝刊見てかえって衝撃を受けたこと、思い出します。

田舎なので、夕刊もないし、号外なんてとんでもないけど、仙台では当日の夜、号外が出た。号外を出すためにこんな事情があったのかと、新聞を発行し続けることを、あきらめなかった人々の苦闘が、よくわかった。号外と並行して、翌日の朝刊を発行、輸送、配達するため、こういうことがあったのか。まさしく「使命感」とは、このことなのだ、と納得する内容でした。

さらに初めて津波が直撃したところへ、取材に入る記者の率直な感想。原発事故で、使命感と身の安全とのはざまで、揺れ動く記者の心境。また、ヘリコプターから撮影した、学校屋上の「SOS」何もしてあげられないカメラマン。救援のヘリコプターと思い、必死に手を振り続ける人々。すべて心を打つ内容でした。

また、本社を支え続けた、「おにぎり隊」  山形支局から、炊き出しほか山越えの支援。へえ~と思うこともありました。やっぱり「腹が減っては~~」ですね。取材に行きたい気持ちをおさえて、後方支援に徹した人々にも拍手です。

さてさて、ガソリン不足を理由に、徒歩数十秒の我が家に配達しなかった新聞は、どこの新聞だったでしょうか?ご想像におまかせします。

« 今野敏「リオ」「朱夏」「ビート」 | トップページ | 【天皇杯4回戦 セレッソ大阪戦 ● PKでした】涙・・・ »

本・国内作品」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

これも必読ですな。
私も読んだら泣きだしそうな気がします。
我が家はこの地域では大多数を占めるこの新聞を購読していないので
どこか客観的な眼でこの震災を捉えているいるような気がします。
横山さんの「クライマーズハイ」を思い出します。
取材の過酷さはそれ以上でしょうが・・・

この新聞社の名前は、もし大震災がなかったら私が知ることはなかったでしょう。
いままでもこれからも、地方で頑張っている人たちはたくさんいるのだろうと思います。

読んだけれどもいろいろ考えてしまってレビューが書けなかった本があります。
「三陸物語」 萩尾信也 毎日新聞社
こちらは震災直後から現地で取材を続けた毎日新聞社の記者が書いた本です。
新聞で時々掲載していた記事に加筆しています。
萩尾さんは以前ここに住んでいて、知り合いもたくさんいるそうです。外と中からを同時に見ることが出来る人です。読みながら何度も涙がこぼれました。

実は、こういう新聞社が作る新聞が、一番良いと言う事が改めてわかったと言う事だニャ。
大手の全国紙は、それぞれ大人の事情がいろいろとあるからニャ(笑)。

ありがとうございます。いわゆる被災地ですが、震災関連の本、多数本屋で見かけます。基本図書館に入るのを待つつもり。

わったさん、ぜひぜひ読んでください。新聞記者の使命、苦悩、率直な内容で、好感持てました。

ときわさん、宮城ではベストセラーですけど、全国的にはどうなんでしょう。図書館に入るようでしたら、ぜひお勧めします。

らむちゃん、この本を読んでもやっぱり思ったのは、「インテリが作って、○○が売る」のは、本当なんだなあって。販売店の鏡みたいな方も、登場します。

読みました。
地震で、電気も水道も止まって、何が起きたか、どうなるのか不安な中で届いた新聞はどんなに心強かっただろうかと思いました。

「使命感」本当にそうですね。
販売店のご主人のお話は、本当につらくて痛ましかったです。
学校にも入れたので、いろんな人に読んでほしいと思っています。

ありがとうございます。ぜひたくさんの方に読んでほしいです。
普段から報道で、「宮城県沖地震」に対して、備えや警戒を呼び掛けていた彼らだったのですけど、正直にいろんなこと語ってくれました。好感を持った内容でした。

被災地の中心にいるとかえって全体が見えないものですね。
そういう意味で新聞は大きな役割を果たしているんですね。
今年は震災関連の本をできるだけ読もうと思っていますが、この本をふくめてほっそさんのブログを参考にさせていただいてます。
これぞ、というのがありましたら是非教えてくださいね。

ありがとうございます。
この本、続きらしいの出ました。地元でも、震災関連の本、かなり出回っています。あっという間の一年でした。3月11日が近付いています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/43408861

この記事へのトラックバック一覧です: 河北新報社「河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙」:

« 今野敏「リオ」「朱夏」「ビート」 | トップページ | 【天皇杯4回戦 セレッソ大阪戦 ● PKでした】涙・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。