ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 皆川治「被災、石巻五十日」 | トップページ | 東川篤哉「密室の鍵貸します」 »

『備えて、訓練していても、うまくいかないこともある。だからと言って、何もしないとは・・・』

首都直下地震の危険性が、声高に叫ばれています。↓の本を読んで思ったのは、いわゆる助けるのが仕事の人たち、(行政、消防、警察などなど) 自分たちが被災して、身動き取れなくなるなんて、たぶん考えていなかったはず。被害想定だって、していたはずでしょうが、たぶん桁がちがうかと。

やっぱり地震に関しては、「揺れ始めたら何もできない」のが、鉄則。日頃の備え、条件反射としての行動ができるようにしないといけないかと。

詳細は避けますけど、靴をはかず、上着も着ないで、外に逃げた人たちの、靴や上着を本人たちに運んだという内容を読みました。ガラスが割れるかもしれないから、足元はがっちり。今後の行動を考え、上着は必需です。一連の行動を、条件反射のようにできるように、子供のうちから訓練しないといけない。

「どうせ助からない」「考えたくもない」と思うのが、一番いけないと思います。今回の震災で、無念にもなくなっていった方々のために、とにかく生き抜く。一人でも多く生き抜けば、誰か助けることができるかもしれない。それでなくても、自力で避難できない方が、たくさんいること、忘れないでほしいと思います。

« 皆川治「被災、石巻五十日」 | トップページ | 東川篤哉「密室の鍵貸します」 »

座右の銘とまではいかなくても♪」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

揺れたら動けないは人生で何度も経験しました。
小6のときに一人で自宅にいて宮城県沖地震を経験した私。
揺れの合間にこたつの下(茶の間は造り付けの戸棚や飾り棚・障子の下側と3方がガラスに囲まれてました)から這い出して柱の脇、自分の学習机の下と移動しました。
今思うとこの前の震災みたいに揺れた時間が長かったんだね~。
地震の規模、揺れ方のスケールともに今回のものより小さいものでしたが
子ども一人で経験するには怖すぎる体験でした。

先日の震度4くらいの地震のときに
娘の通う大学の緊急地震速報の装置が作動したそうです。
カナダ人の日本語がおぼつかない先生が一番慌てていたみたい。
学生だちは当然のように素早く机の下にもぐったそうです(笑)
子どもの頃からの訓練の賜物ですね。

もうひとつ女川で被災された方のお話。
その方は3階建ての建物の屋上で津波に襲われたそうです。
給水塔の梯子によじ登り必死に縋った状態でいたところ
流されてきた家の屋根の上の人に向かって「頑張れよ!」と声をかけたそうです。
すると流されながらその方からも「頑張って!」と励まされたそうです。

実体験としてのその話を聞いたとき泣けました。

人は極限状態でも人を思いやれるんだなぁと実感。
人間捨てたもんじゃないですね。

私も生き残った一人としてこれからも精一杯生きていきます!!!

私も訓練が大事だと思います。
特に子どもの頃からの訓練。
岩手では「釜石の奇跡」と呼ばれていますが、防災教育が盛んな釜石市では学校の管理下にあった小中学生は全員無事だったんです。

ありがとうございます。

わったさん、私は宮城県沖地震の記憶がありません。こちらにいなかったから。
でも、明治生まれの方々から、関東大震災の時の話、聞いていました。また古い建物で、頑丈な場合、ほめ言葉として、「関東大震災を耐え抜いた」と形容されていました。

kanakanaさん、「クローズアップ現代」で、釜石の小学生の行動を知り、感銘を受けました。子供なりにきちんと考えている。津波の怖さをきちんと理解している。
大人が真似したいくらいでした。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/43934631

この記事へのトラックバック一覧です: 『備えて、訓練していても、うまくいかないこともある。だからと言って、何もしないとは・・・』:

« 皆川治「被災、石巻五十日」 | トップページ | 東川篤哉「密室の鍵貸します」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。