ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 東川篤哉「完全犯罪に猫は何匹必要か?」 | トップページ | 2012年2月読書のまとめ »

佐藤多佳子「聖夜」

908番 ★★★

内容紹介

“俺は記憶のないころから鍵盤に触れてきた”。聖書に噛みつき、ロックに心奪われ、メシアンの難曲と格闘する眩しい少年期の終わり。
思春期の鳴海少年の複雑な心境を描いた小説。
設定で彼の母親が、家庭を壊したというのが、あった。彼の父親が、牧師。母親も音楽の道を目指していたと。いわゆる普通の家庭とは、ちょっと違う彼。
私が一番印象的だったのは、鳴海少年が夜遊びをしたあとの、父と祖母の反応。父親であることと、牧師であることは、うまくバランスとれないかもしれない。鳴海少年が、そうだったように。
関連作品の「第二音楽室」を読むかは、ちょっと迷うところ。あと、あとがきも素敵でした。

« 東川篤哉「完全犯罪に猫は何匹必要か?」 | トップページ | 2012年2月読書のまとめ »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

一哉の屈折がなんとなく理解できる気がして、イヤなヤツとは思えない。
青木や天野。一哉の周りの女の子たちも健気で好みでした。
近所の市民ホールにはパイプオルガンがあるのですが、聴いたのは1回だけ。
また聴いてみたいです。

ありがとうございます。
以前通ってた公営のジムとパイプオルガン同居してました。
時々、学生さんが弾いていましたよ。
パイプオルガンの職人の方、いらっしゃるんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/44310425

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤多佳子「聖夜」:

« 東川篤哉「完全犯罪に猫は何匹必要か?」 | トップページ | 2012年2月読書のまとめ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。