ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【ヤマザキナビスコ杯 サガン鳥栖戦 ○ 2-0】放送なかった((+_+)) | トップページ | 玄侑宗久「福島に生きる」 »

2012年3月読書のまとめ

3月は予想以上に読みました。震災の関連番組が多く、心穏やかに過ごせなかった側面もあったかと思います。

今月読んだので、一番よかったのは「朽ちていった命」です。放射能の本当の怖さを知ってほしいです。また福島の姉弟がつづった日記も、すばらしいものでした。福島の現実を理解してほしいです。

また、理屈抜きに楽しい「妖怪アパート~~」も読み始めました。ハリーポッターより、読みやすいです。

3月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:5051ページ
ナイス数:248ナイス

世の中への扉 福島きぼう日記世の中への扉 福島きぼう日記
長女の千乃さんの日記は、あまりにけなげで、ついついそんなに頑張らなくてもいいよと、声をかけたくなる。小学校の卒業式もきちんとできないまま、中学の新しい制服を注文しているのに、出来上がりも見ないで、故郷を追われるように避難した彼女の気持ち、理解してあげたい。
読了日:03月30日 著者:門馬 千乃,門馬 健将,門馬 海成,篠崎 三朗
妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA!ENTERTAINMENT)
作者からの中間報告にかわるあとがきが、ありました。長谷や千晶先生の活躍は、編集の方からのおすすめとか。いい仕事していますね
読了日:03月30日 著者:香月 日輪
ないた赤おに (ひろすけ童話絵本)ないた赤おに (ひろすけ童話絵本)
今更だけど、いいお話でした。この本の絵に関しては、特に表紙がすばらしいと感じました。
読了日:03月30日 著者:浜田 廣介
りゅうの目のなみだ (ひろすけ童話絵本)りゅうの目のなみだ (ひろすけ童話絵本)
今更ながら、いいお話だと思いました。中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」が、頭の中をグルグル。
読了日:03月30日 著者:浜田 廣介
アライバルアライバル
この本は絵本なのだろうか?美術書なのだろうか? いきつけの図書館で借りましたが、726の分類でした。この番号だと、絵画の扱いです。
読了日:03月30日 著者:ショーン・タン
妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA!ENTERTAINMENT)
転入生のぶっ飛びぶりには、ドン引きですけど、誰だって一歩間違えばああなるかもしれないのだ・・ なんだかんだと、もう半分読んじゃいました。手元には第6巻あります。読んでいても、私のようなおばさん世代には、コミックのように思えて、ケラケラ笑う時もあります。
読了日:03月27日 著者:香月 日輪
警察庁から来た男警察庁から来た男
ドラマ「相棒」での監察の印象とは、正反対でかっこいいんですね。一見警官の職務違反なんてなさそうなんですが、なんかおかしいと感じる展開が、発想としておもしろかったです。だから、はっきりとは切り出せず、佐伯と出会うまで、うなっているように感じました。それほど問題にならない職務規定違反の裏にあるヒミツ、「すうさん」とは?いやいや参りました。
読了日:03月27日 著者:佐々木 譲
メロディ・フェア (文芸)メロディ・フェア (文芸)
化粧品の販売職につくヒロイン。配属先は、ショッピングモール。デパートじゃないことにがっかりする展開が、なんともリアル。都会なら、デパートが花形ですよね。 妹と本音がぶつかりあったり、「世界征服?」を考える幼馴染との再会。なにげない日常の連続で、心地よい眠気がおそってきました。
読了日:03月27日 著者:宮下 奈都
第五番第五番
破滅型の伊部に関しては、許しがたいの一言です。 ラストのイバラに関しては、同情しますね。彼を利用した人々、許せない エピローグに関しては、うなっちゃいました。日本に新型インフルエンザが上陸した年に真夏にかかわらず、発症した私。健康オタクといってもいいくらいの私なので、ひそかに反省してます。
読了日:03月22日 著者:久坂部 羊
交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)
ぶっ飛んでいるキャラ、「映画監督水木彩子」が、登場します。ちょっとついていけなかったなあ。私が好きなのは、事務所大家の朱美さん。今後も活躍するのかな。今年は雪が多い年だったので、リアリティ感じた一冊になりました。
読了日:03月19日 著者:東川 篤哉
災害ストレス 直接被災と報道被害 (角川oneテーマ21)災害ストレス 直接被災と報道被害 (角川oneテーマ21)
この一年、泣いたり、怒ったり、無理やり人助けしたり、私の心も激変しました。やっぱりストレスだったんだなあと思い、本書を手に取りました。 私の気持ちの揺れは、この本に書かれていたこと、そのまんまでした。納得の一冊でした。
読了日:03月19日 著者:保坂 隆
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
私の家には、ペットもいないし、動物好きでも嫌いでもないので、この程度の衝撃で済んだけど、そうでないかたには、気軽に手にしないでほしいと思います。あまりに内容が、つらすぎます。
読了日:03月16日 著者:太田康介
妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)
私の大好きな長谷は、オーストラリアでバカンスとか、彼のバックグランドも知りた~~い。長谷とクリのじゃれあいも目に浮かぶようです。
読了日:03月16日 著者:香月 日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)
若い教師、三浦先生の痛い話が出てくるのだ。大人として、苦しい話でしたけど、悲劇的な結果にならずによかったなあ・・・と感じました。
読了日:03月16日 著者:香月 日輪
三陸海岸大津波 (文春文庫)三陸海岸大津波 (文春文庫)
岩手県の方々の防災意識の強さ、特に釜石での小学生の行動はすごいものでしたけど、こういう過去のつらい体験が、脈々と受け継がれているのだと、強く思いました。
読了日:03月12日 著者:吉村 昭
無痛無痛
お医者さんが書いた本ですが、どこまでが真実で、どこからが虚構か、迷路にでもはいった気分でした。 白神医師、為頼医師が、主人公なんでしょうが、痛みの感覚を持たないイバラ、ストーカーの佐田、ストーカー被害に遭う児童養護施設の職員菜見子など、それぞれが主人公に思えました。
読了日:03月12日 著者:久坂部 羊
妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA!ENTERTAINMENT)
親友の長谷の活躍は、見ていてスカッとします。どこかの御曹司みたいですが、この先いろいろあるのかな?
読了日:03月09日 著者:香月 日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)
登場人物って、言っていいのだろうか?アパートの面々が、とにかく楽しい。夕士が、両親いっぺんになくして、親せき宅ですごすなんて、ハリーポッターみたい。いとこの恵理子と間の確執がなくなったのは、いろんな意味でうれしかった。
読了日:03月09日 著者:香月 日輪
朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
レントゲン検査や放射線治療と有効な使い方もあるというのに、ある一定を超えると、暴走し始める放射線。理系の記述は、飛ばし読み。患者さんの家族、看護スタッフの献身的な努力が、特に印象に残りました。
読了日:03月09日 著者:
RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠
事件のほうも、なかなか面白かったですね。警察官の不祥事が報道されていますけど、この小説もいいところに目を付けました。時代を感じるのは、ポケットベルの描写だけとは、あっぱれです。
読了日:03月09日 著者:柴田 よしき
宮城県気仙沼発! ファイト新聞宮城県気仙沼発! ファイト新聞
あたたかいものが食べられた!カレーの炊き出しがあった!お風呂に入れた!などの記述に、私自身の体験を思い出し、涙しました。
読了日:03月05日 著者:ファイト新聞社
要介護探偵の事件簿要介護探偵の事件簿
この探偵さん、私のイメージは、長門裕之さんですけど、いかがでしょうか? 連作短編集ですが、書き下ろしを含めて、楽しいものになっていました。でも、第2作目に玄太郎の発病の場面が出てきて、ちょっと戸惑いました。並べるときに時系列に並べてほしかったです。
読了日:03月05日 著者:中山 七里

2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

« 【ヤマザキナビスコ杯 サガン鳥栖戦 ○ 2-0】放送なかった((+_+)) | トップページ | 玄侑宗久「福島に生きる」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/44762132

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月読書のまとめ:

« 【ヤマザキナビスコ杯 サガン鳥栖戦 ○ 2-0】放送なかった((+_+)) | トップページ | 玄侑宗久「福島に生きる」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。