ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 久坂部羊「廃用身」 | トップページ | 【第6節 柏レイソル戦 ○ 3-2】6戦、負けなしです。 »

辺見庸「瓦礫の中から言葉を―わたしの<死者>へ」

935番 ★★

内容(「BOOK」データベースより)

3・11後、ますますあらわになる言語の単純化・縮小・下からの統制。「日本はどのように再生すべきか」…発せられた瞬間に腐り死んでいくこれらの言葉に抗して、“死者”ひとりびとりの沈黙にとどけるべき言葉とはなにか。表現の根拠となる故郷を根こそぎにされた作家が、それでもなお、人間の極限を描ききった原民喜、石原吉郎、堀田善衛らの言葉を手がかりに、自らの文学の根源を賭け問う渾身の書。

この作家さん、石巻出身ということで、地元では「郷土資料」の扱い。楽しみに読み始めたけど、ダメだ・・・少しもしみていかない。

よくよく思うに、この作者と私の立ち位置は、あまりに正反対。作者は、石巻で生まれ育ち、今は、別の土地に暮らしている。(病気して、震災後、石巻に来てないらしい)

震災後のテレビCMに関しての作者の視点は、なかなかするどい。あの音楽やフレーズを聞くと、その当時のこと鮮明に思い出す。

« 久坂部羊「廃用身」 | トップページ | 【第6節 柏レイソル戦 ○ 3-2】6戦、負けなしです。 »

本・国内作品」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

私が読んだ本(コメント不能)」カテゴリの記事

コメント

はっきり言って、日常生活には何のかかわりもない内容です。
思想、の分野でしょうね。
私も「もの食うひとびと」を読んでいなかったら、これは読まなかったと思います。

先日、かつて住んでいた「被災地」に行ってきました。
私が住んでいた家も、すっかり流されていました。
どこがどこだかわからず・・・積み重ねられた錆びた車の山や、かつては海水浴場だった浜の前で、言葉を失いました。
今はまだ、その時の思いを整理できずにいます。

ありがとうございます。
一年一か月たちましたけど・・・・感慨にふける間もなく、被災地周辺では日常が続いています。
この本読んで、全然わからない私でしたが、まゆさんのブログのコメントレスで、適格に表現してもらって、救われた気持ちでした。どうもありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/44839562

この記事へのトラックバック一覧です: 辺見庸「瓦礫の中から言葉を―わたしの<死者>へ」:

» 瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ [読み人の言の葉]
1843「瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ」 辺見庸   NHK出版新書  [続きを読む]

« 久坂部羊「廃用身」 | トップページ | 【第6節 柏レイソル戦 ○ 3-2】6戦、負けなしです。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。