ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 大木聖子「地球の声に耳をすませて -地震の正体を知り、命を守る- 」 | トップページ | 平井美帆「獄に消えた狂気―滋賀・長浜「2園児」刺殺事件」 »

2012年5月の読書のまとめ

5月に読んだ本です。かなり読みましたねえ。並べてみると、改めて思います。ネットで読書日記を公開するようになってから、目標にしていた1000冊も、今年中には達成できそう。

今月読んだ中で一番よかったのは真保裕一の「猫背の虎 動乱始末」でした。また、「妖怪アパート」のシリーズも完読。これもおすすめします。

5月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4854ページ
ナイス数:207ナイス

地球の声に耳をすませて -地震の正体を知り、命を守る- (くもんジュニアサイエンス)地球の声に耳をすませて -地震の正体を知り、命を守る- (くもんジュニアサイエンス)
津波の実験として、お風呂の中に下敷きを横に沈めて、両手で思いっきり下敷きを上に持ち上がるという説明に、大人も「ガッテン」しました。なるほど・・・  先生自身、この道を目指すきっかけが、阪神大震災とのこと。きっと昨年の震災をきっかけに、いろんな道を目指す子供が多いんだろうな。彼らの志望がかなうように。
読了日:05月30日 著者:大木聖子
福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?
我が家は電気温水器やIHクッキングヒーターを使っているので、後ろめたい気持ちもあります。ライフラインでは圧倒的に電気の回復が早いし・・・  後ろめたい気持ちと同様に、停電が回復したときのうれしかったことも、忘れられない。悩ましい問題だ。
読了日:05月30日 著者:
別冊うかたま がんばらなくても大丈夫 台所防災術 2011年 12月号 [雑誌]別冊うかたま がんばらなくても大丈夫 台所防災術 2011年 12月号 [雑誌]
被災した私として、励ましと思う言葉もありました。PTSDのことは知っているけど、PTGという症状が紹介されていました。Post Traumatic Growth・・・心的外傷後成長ですって。困難な体験が糧になると。
読了日:05月30日 著者:
巡査の休日 (ハルキ文庫 さ 9-5)巡査の休日 (ハルキ文庫 さ 9-5)
やっぱり佐伯がかっこいい。小島百合も同じ女性として、魅力的ですね。最後のところ、私としては珍しく伏線がわかりました。わかりやすい展開も、正直うれしいです。
読了日:05月30日 著者:佐々木 譲
大震災 自閉っこ家族のサバイバル大震災 自閉っこ家族のサバイバル
石巻以外の支援学校は、避難所にならなかったとは・・・軽い衝撃でした。先生方は避難所運営という慣れない仕事、本当によく頑張ってくれました。自宅やご自身の家族を、ある意味ほったらかしにして、仕事をしてくれた方ばかりでした。
読了日:05月30日 著者:高橋 みかわ
転迷―隠蔽捜査〈4〉転迷―隠蔽捜査〈4〉
竜崎の家族の身辺も気になるところ。今回は長男の出番より、長女の出番が多かったです。(長男君、元気にしているのかな?)  他省庁とのトラブル。外務省やら、厚生省の麻薬取締捜査など、リアリティ満点でした。そして、落としどころも納得。テレビでいうと「相棒」の雰囲気かも
読了日:05月30日 著者:今野 敏
はやく名探偵になりたいはやく名探偵になりたい
これは短編集でした。それなりに面白かったけど、私の好きなキャラが出てこないのが、残念でした。(事務所の大家さんの女性が、かなり好きなんです)
読了日:05月30日 著者:東川 篤哉
誰かが足りない誰かが足りない
面白くないこともないのですが、人に勧めるほどではないというのが、私の感想。  個人的には、幼馴染との心温まるお話が好き。
読了日:05月22日 著者:宮下 奈都
文藝春秋増刊「つなみ 被災地のこども80人の作文集」 2011年 8月号文藝春秋増刊「つなみ 被災地のこども80人の作文集」 2011年 8月号
最近のNHKのドキュメントに登場した、チヨちゃんの作文がありました。あの作文を書いてからの彼女の運命を知ると、どうしてもうるうるしてしまう。  また私の地元の子供たちの作文。位置関係など、手に取るようにわかるので、つらかったです。
読了日:05月17日 著者:
警官の紋章警官の紋章
小説とは思えないリアリティです。北海道でのサミット、なんか聞いたことのある大臣や実在の道知事の名前も出てきます。  相変わらずかっこいい佐伯、紅一点の小島百合も、かっこいい!新宮がすねる様子なんて笑っちゃいました。
読了日:05月17日 著者:佐々木 譲
二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる
タイトル、なんだか聞いたことあるなあと思ってたら、マザーグースの一篇を彼女なりにアレンジしたとのこと。まさしく今五月。定禅寺通りのケヤキの新緑が、一番の見ごろです。
読了日:05月14日 著者:内館 牧子
月神(ダイアナ)の浅き夢月神(ダイアナ)の浅き夢
地道な捜査をしていく彼女に好感が持てました。この一連の作品があったからこそ、花ちゃんや麻生龍太郎のシリーズが、できてきたのね。大いに納得しました。先にこちらを読んでからにすればよかったと思っても、あとの祭り。今、どんな作品書いているのかなあ。
読了日:05月14日 著者:柴田 よしき
死のほん死のほん
「愛のほん」とまとめて読んだが、こちらのほうが国や宗教に関係なく、普遍的なものを感じました。扉に会った「死ねことを理解するのは難しい~~~」の言葉に、激しく納得。
読了日:05月14日 著者:ペニラ・スタ-ルフェルト
愛のほん愛のほん
「愛」と「性」の直球の解説?絵本です。日本の子供にはどうだろうか?専門家や現場の先生の意見を聞きたいと、率直に思いました。
読了日:05月14日 著者:ペニラ スタールフェルト
極北ラプソディ極北ラプソディ
フィクションと割り切るにはリアルすぎるし、ドキュメントと思うわけにもいかず、もやもや感があります。リンクも増え過ぎ、記憶力がない私は、今後、解説本なしには読めないのでしょうか?ファンの方の、ブログ検索しようかな。
読了日:05月07日 著者:海堂 尊
三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
3人のおっさんたちの家族の話も出てきて、中年世代の私にはほろ苦いものも。パート先で悪戦苦闘する貴子さんの話もありました。
読了日:05月07日 著者:有川 浩
猫背の虎 動乱始末猫背の虎 動乱始末
自衛隊があるわけでもなく、海外から救援がくるわけでもなく、新聞やテレビがあるわけでもなく、保険があるわけでもなく、地震と火事ですっかり命以外すべてなくした人々たちの描写が、リアル満点。そんな江戸を守る虎之助と仲間たち。炊き出しのために米の蔵を守り、治安維持につとめる主人公に拍手。 
読了日:05月01日 著者:真保 裕一
妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA!ENTERTAINMENT)
私は去年の震災も体験したし、その前の長い間にはいろんなこともあった(いいことばかりではないのだ) 夕士が両親と死別のあと、卑屈になっていたと同じように、私も斜に構えていたことありました。確かに他人の不幸は「蜜」の味かもしれない。自分の不幸や不運を、愚痴りたいことも全否定しません。それでも「前向き」に生きてきた、この本の登場人物たち。人物ばかりではないけど・・・そこは笑っちゃうけどね。まさか児童書で、それも妖怪たちに説教されるとは、これこそ「想定外」かな? 
読了日:05月01日 著者:香月 日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)
10巻の感想に、全体の感想を書きます。
読了日:05月01日 著者:香月 日輪
獅子頭(シーズトォ)獅子頭(シーズトォ)
日本人には理解しがたい主人公とその同僚の思考回路ですが、文化大革命という恐ろしい時代の経験者なら仕方がないかもしれないなあ。彼女の作品、ずっと読んでいるけど、翻訳でなくこういう作品を読めるようになったこと、感謝したいです。あとがきで、彼女が来日したばかりのエピソードも知りました。今後もいい仕事してほしいです。
読了日:05月01日 著者:楊逸(ヤンイー)

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

« 大木聖子「地球の声に耳をすませて -地震の正体を知り、命を守る- 」 | トップページ | 平井美帆「獄に消えた狂気―滋賀・長浜「2園児」刺殺事件」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/45543088

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月の読書のまとめ:

« 大木聖子「地球の声に耳をすませて -地震の正体を知り、命を守る- 」 | トップページ | 平井美帆「獄に消えた狂気―滋賀・長浜「2園児」刺殺事件」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。