ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 東京スカイツリー、いい意味で東京の景色を変えました。 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 2-6】そして、この一年の総括 »

ケン・フォレット「大聖堂」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

いつかこの手で大聖堂を建てたい―果てしない夢を抱き、放浪を続ける建築職人のトム。やがて彼は、キングズブリッジ修道院分院長のフィリップと出会う。かつて隆盛を誇ったその大聖堂は、大掛かりな修復を必要としていた。折りしも、国王が逝去し、内乱の危機が!十二世紀のイングランドを舞台に、幾多の人々が華麗に織りなす波瀾万丈、壮大な物語。

本院の修道院長となったフィリップに任命され、トムが大聖堂建立に着手する日がやってきた。トムの緻密な計画のもと、大聖堂の普請は着々と進んでいった。が、新しいシャーリング伯となったハムレイは、フィリップに敵対する司教と組み、執拗な嫌がらせを仕掛けてくる。自領に比べてキングズブリッジの繁栄に嫉妬したハムレイは、やがて町に焼き討ちを。

 

トムの死後、息子が引き継いだ大聖堂が建築途中で崩れ落ちた。焼失に崩壊…大聖堂は呪われているのか?一方、職人の才能を開花させたトムの弟子のジャックは、ヨーロッパで修行しながら旅浪していた。新しい建築技術を取得した彼は、フィリップと大聖堂を救うべく町へ帰還、物語は感動のクライマックスへ。

児玉清さん、おすすめの本。トーク番組で、海外旅行中に我慢できず、もう一組買ったというエピソードがあるくらいです。

私は、海外作品苦手ですし、日本の本でも時代物は苦手です。そんな私が大変な長編を読み始めて、正直挫折するかと思いました。三冊まとめて借りたのですが、一回延長して、もうだめかと思い始めたあたりから、急に面白くなって、なんとか期限内に読み終わりました。

12世紀のイングランドが舞台です。そこで暮らす人々の描写が、なんともいきいきしています。人物設定も、主人公とそれに対抗する人とわかりやすいものでした。

上の紹介では、男性の名前しか出てきませんでしたが、女性陣もそれはそれは個性的なメンバーばかり。ウィリアム・ハムレイの告白を「邪険に扱った」アリエナ。彼女の男まさりな言動がなければ、この物語は成り立たないし、トムの妻アグネスと後妻のエリン。特にエリンの存在なければ、この物語の根本がなくなります。

読了後、ウィキペディアで検索したら、史実もたくみに織り交ぜられているとのことも知りました。最初に紹介されたエピソードが、しっかり最後解決され、快感でもありました。

« 東京スカイツリー、いい意味で東京の景色を変えました。 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 2-6】そして、この一年の総括 »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

読破おめでとうございます。
心から尊敬の拍手を送ります!

ありがとうございます。なんとか「延長」の末、完読しました。途中まで、修行みたいで、そのあと娯楽になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/48035669

この記事へのトラックバック一覧です: ケン・フォレット「大聖堂」:

« 東京スカイツリー、いい意味で東京の景色を変えました。 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 2-6】そして、この一年の総括 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。