ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 宮木あや子「セレモニー黒真珠」 | トップページ | 谷村志穂「尋ね人」 »

阿部智里「鳥に単は似合わない」

★★★

内容説明

 

松本清張賞を最年少で受賞、そのスケール感と異世界を綿密に組み上げる想像力で選考委員を驚かせた期待のデビュー作は、壮大な時代設定に支えられた時代ファンタジーです。
人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」では、世継ぎである若宮の后選びが今まさに始まろうとしていた。朝廷での権力争いに激しくしのぎを削る四家の大貴族から差し遣わされた四人の姫君。春夏秋冬を司るかのようにそれぞれの魅力を誇る四人は、世継ぎの座を巡る陰謀から若君への恋心まで様々な思惑を胸に后の座を競い合うが、肝心の若宮が一向に現れないまま、次々と事件が起こる。侍女の失踪、謎の手紙、後宮への侵入者……。峻嶮な岩山に贅を尽くして建てられた館、馬ならぬ大烏に曳かれて車は空を飛び、四季折々の花鳥風月よりなお美しい衣裳をまとう。そんな美しく華やかな宮廷生活の水面下で若宮の来訪を妨害し、后選びの行方を不穏なものにしようと企んでいるのは果たして四人の姫君のうち誰なのか? 若宮に選ばれるのはいったい誰なのか?

ひなたさん、苗坊さんが、昨年末おすすめしていた本。図書館で予約して手に取った後、仰天しました。(全く事前情報入手しなかったので)  だって、少女マンガっぽい表紙のイラスト、それにタイトル鳥を「からす」と読ませ、単を「ひとえ」と読ませる。最初からもう大丈夫かなあと思いました。

私の若干不得意なファンタジー。それも鳥、三本足の鳥、日本サッカー協会の旗で、存在は知ってたけど、人間が鳥に化けたり、もうありえない。

それなのに、お后選びは、人間の世界以上にドロドロしていて、大奥か源氏物語の世界でした。アニメにしたらわかりやすいかなあ。

若い作家さんの才能あふれる設定に、圧倒されました。それは事実。この種の本が好きな方には、たまらないかもしれません。

« 宮木あや子「セレモニー黒真珠」 | トップページ | 谷村志穂「尋ね人」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

設定自体は面白かったのですが、20歳の新人だからか、どうにも作家の筆力の足りなさを感じてしまって。。。
謎解きされても、「そうだったのか~」と納得できないんですよ。
謎解きをされてから、犯人がそれに合わせて急にキャラを変えちゃったような気さえしました(笑)

ありがとうございます。第二作目期待しようかと、思ってます。
才能あふれる作家さんみたいなんで。
お名前なかったけど、kanakanaさんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/49198798

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部智里「鳥に単は似合わない」:

« 宮木あや子「セレモニー黒真珠」 | トップページ | 谷村志穂「尋ね人」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。