ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第2節 鹿島アントラーズ戦 ● 2-3】鹿島へ遠征です! | トップページ | 佐々木譲「人質」 »

大崎善生「赦す人」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

昭和六年生まれの鬼―その筆名とうらはらに、団鬼六の生涯は純粋さと赦しに貫かれていた。伝説の真剣師と交わり、商品相場を追い、金を持ち逃げされ、妻の不倫に苦しみ、がん手術を拒否し、その全てから小説を産んだ。「異端の文豪」団鬼六の出生から最期まで、波乱万丈の生涯を描ききる感涙の長編ノンフィクション。

雑誌の書評欄で発見。団鬼六の伝記です。

まず作者の大崎氏と団氏の接点が、不思議でした。なるほど将棋・・・でしたか。大崎氏に書いてもらいたいと思っていたことも知り、納得でした。

読み始めて、仰天することばかりでした。まず団氏の両親、祖父母からして豪傑。特に父親、相場ですっからかんになっても、息子にまじめに働くより、相場で儲けて、遊んで暮らすことを勧めるのでした。

また母親は、あの直木三十五ほかの文豪との接点があるのでした。とにかく人脈がすごくて、私が知っている有名人も数多数。おどろいたのは、たこ八郎さん。海で亡くなった方ですが、あの亡くなった場所も、この一家のゆかりがあったのです。

タイトルの「赦す人」に違和感があったのですが、読み終わって納得。特に離婚した元妻の店に大勢で買い物に行く。(がんで闘病中だった・・・) また、震災のあと自粛ムードばかりの温泉街へ出かける。屋形船を繰り出す。団氏の性格を物語るエピソードだらけでした。

万人むきの本ではありませんが、昭和の歴史を感じる本でした。

« 【第2節 鹿島アントラーズ戦 ● 2-3】鹿島へ遠征です! | トップページ | 佐々木譲「人質」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/49892010

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎善生「赦す人」:

« 【第2節 鹿島アントラーズ戦 ● 2-3】鹿島へ遠征です! | トップページ | 佐々木譲「人質」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。