ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« ベガルタ仙台レディースの試合結果(2013年3月) | トップページ | 平 安寿子「素晴らしい一日」 »

有川浩「ヒア・カムズ・ザ・サン」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。

有川作品で、未読の分。自衛隊ものではないので、とりあえず安心。

真也がカオルの父を思い、二人の和解を目指していくという話の流れでした。カオルの父というのが、大人から見て、痛い存在でした。夢をめざし、現実に目を背ける傾向には、自分の若いころを思い出し、ほろ苦い思いも。

表紙の写真が素敵。

« ベガルタ仙台レディースの試合結果(2013年3月) | トップページ | 平 安寿子「素晴らしい一日」 »

本・有川浩」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

有川浩っぽくないストーリーなのに、有川浩テイストはしっかりあって、違和感を感じた物語でした。
特に二つ目のお話。
読み終わって、最初に7行のあらすじがあり、そこから生まれた小説だと知ってすごく納得しました。

ありがとうございます。
私の感想も似ています。不思議な物語でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/50842051

この記事へのトラックバック一覧です: 有川浩「ヒア・カムズ・ザ・サン」:

» 「ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川 浩 [日々の書付]
面白かった!有川浩の「ヒア・カムズ・ザ・サン」は、演劇集団キャラメルボックスとのクロスオーバーから生まれた小説で、演劇と小説、それそれが生み出す物語がみてみたい、というある役者のつぶやきから生まれました。 真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。 強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。 カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。 父は、ハリウッドで映画... [続きを読む]

« ベガルタ仙台レディースの試合結果(2013年3月) | トップページ | 平 安寿子「素晴らしい一日」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。