ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第5節 アルビレックス新潟戦 ● 0-1】アルビレックスの初勝利に、貢献してしまいました(+_+) | トップページ | 【アジアチャンピオンリーグ戦 予選リーグ FCソウル戦 ○ 1-0】初勝利でした。ありがとう! »

ルーシー・モード・モンゴメリー「アンの想い出の日々」

★★★

内容紹介(上巻)

1908年の発表以来、世代を超えて読み継がれ、愛されてきた『赤毛のアン』。実は、モンゴメリの死の当日に何者かによって出版社に持ち込まれたシリーズ最終巻は、これまで本国カナダでも部分的にしか刊行されないままとなっていた。『アン』誕生100周年を機に、詩、短編、ブライス家の語らいといった新原稿を含む、作者が望んだかたちに復元された完全版、待望の邦訳。ファン必読の書!

内容紹介(下巻)

ある日、古い教会で行われた結婚式。結婚行進曲が演奏されるなか、花嫁、花婿、ふたりの両親、友人たち……居合わせたそれぞれの想いが交錯する。そして、ブライス家に大きな影を落とした、アンの息子ウォルターの戦死。アンに似て詩の創作を愛した青年を亡くした悲しみを、残された家族はどう見つめるのか。人生の光と影を深い洞察で見据えた、「アン・シリーズ」感動の最終巻。

図書館の棚で、何気に発見。アン・シリーズの11作目とある。翻訳は村岡美枝さん、花子さんのお孫さんにあたります。

短編+詩(アン、またはアンの息子で戦死したウォルター作)+ブライス家の会話が、入り乱れての内容でした。

アンシリーズの読了から、?十年。短編に関しては、印象に残らなかった作品もありました。ブライス家の会話が一番楽しめました。研究者・編者・訳者・作者のお孫さんが寄せる文章が、素晴らしいものでした。

短編の中では、「弟に気を付けて」は、ロマンスを感じる作品。「ペネロペの育児論理」や「花嫁がやってきた」は、現実的過ぎる作品ですが、おもしろかったです。

« 【第5節 アルビレックス新潟戦 ● 0-1】アルビレックスの初勝利に、貢献してしまいました(+_+) | トップページ | 【アジアチャンピオンリーグ戦 予選リーグ FCソウル戦 ○ 1-0】初勝利でした。ありがとう! »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/51173008

この記事へのトラックバック一覧です: ルーシー・モード・モンゴメリー「アンの想い出の日々」:

« 【第5節 アルビレックス新潟戦 ● 0-1】アルビレックスの初勝利に、貢献してしまいました(+_+) | トップページ | 【アジアチャンピオンリーグ戦 予選リーグ FCソウル戦 ○ 1-0】初勝利でした。ありがとう! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。