ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 絵本の読書記録  2013年5月 | トップページ | 新潮社編「ストーリーセラー 2」 »

羽根田治 飯田肇  金田正樹 山本正嘉「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

2009年7月16日、大雪山系・トムラウシ山で18人のツアー登山者のうち8人が死亡するという夏山登山史上最悪の遭難事故が起きた。暴風雨に打たれ、力尽きて次々と倒れていく登山者、統制がとれず必死の下山を試みる登山者で、現場は修羅の様相を呈していた。1年の時を経て、同行ガイドの1人が初めて事故について証言。夏山でも発症する低体温症の恐怖が明らかにされ、世間を騒然とさせたトムラウシ山遭難の真相に迫る。

読メで交流のある方のブログで、以前読んで、ずっと気になってた本。

夏山なのに、ガイドさんがついているのに、などなどいろいろ感じていた疑問がかなりの割合が解けたように思いました。結論は遭難当日に出発の判断をしたことに尽きるのですが、無事(とはいっても、綱渡り的ですが)に縦走完了したパーティーもあるのですから、話はややこしい。

その日の夜、無事山を下りたら食べられるはずの食事が、18人分食堂に並べられていたというエピソード、その日の夜は星が見えるほどの晴天だったことも知り、自然の恐ろしさをまざまざと感じました。

若いころ、登山が好きでしたが、今は散歩程度の私。どんなに危険とわかっていても、やっぱり山は素晴らしいし、でもやっぱり知識としていろいろ知っていたほうがいいことはあります。

昔「八甲田山」の映画を見て、雪山のなかで錯乱状態のあと、死んでいくシーンを思い出しました。判断能力を失っていくメンバー、空中分解していくパーティーの描写など、ノンフィクションならではのものがありました。

« 絵本の読書記録  2013年5月 | トップページ | 新潮社編「ストーリーセラー 2」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

このツアーを催した旅行社は、昨年も万里の長城で客を
遭難死させて話題になりましたね(^_^;)
ガイドの不慣れさも問題ですが、客側にも登山をするということは
命をかけているのだという自覚も必要だなぁと思います。
わたしはGWに自転車で富士山五合目まで登りましたが、標高が
上がる毎に気温がグングン下がり、五合目は5度sweat01
ダウンヒル用にライトダウンを持って行って正解でした(笑)

ありがとうございます。
読みたかった本ですが、縁がなく、ここまで引っ張りましたcrying
熱中症の危険は、大分広まったと思いますけど、逆に低体温症のこと、どれだけみなさん知っているのだろうか。
ここは、石巻。津波で溺死した人も多いのですが、低体温症の話も聞きます。3月でしたが、寒い日でした・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/51534026

この記事へのトラックバック一覧です: 羽根田治 飯田肇  金田正樹 山本正嘉「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」:

« 絵本の読書記録  2013年5月 | トップページ | 新潮社編「ストーリーセラー 2」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。