ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 【第20節 鹿島アントラーズ戦 ○ 2-1】監督の口から出た、倍返し! | トップページ | 伊坂幸太郎さんのエッセイにのってた本を二冊読む »

ケイト・モートン「忘れられた花園」

★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

1913年オーストラリアの港に着いたロンドンからの船。すべての乗客が去った後、小さなトランクとともにたったひとり取り残されていた少女。トランクの中には、お伽噺の本が一冊。名前すら語らぬ身元不明のこの少女をオーストラリア人夫婦が引き取り、ネルと名付けて育て上げる。そして21歳の誕生日に、彼女にその事実を告げた。ネルは、その日から過去の虜となった…。時は移り、2005年、オーストラリア、ブリスベンで年老いたネルを看取った孫娘、カサンドラは、ネルが自分にイギリス、コーンウォールにあるコテージを遺してくれたという思いも寄らぬ事実を知らされる。なぜそのコテージはカサンドラに遺されたのか?ネルとはいったい誰だったのか?茨の迷路の先に封印され忘れられた花園のあるコテージはカサンドラに何を語るのか?サンデー・タイムズ・ベストセラー第1位。Amazon.comベストブック。オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

2005年、オーストラリアのブリスベンで祖母ネルと暮らしていたカサンドラは、亡くなった祖母からイギリス、コーンウォールの崖の上にあるコテージを相続した。1975年になぜネルはそのコテージを買ったのか?ネルの書き残したノートと古いお伽噺集を手に、カサンドラはイギリスに渡った。今はホテルとなっているマウントラチェット家の豪壮な屋敷ブラックハースト荘、その敷地のはずれ、茨の迷路の先にあるコテージが彼女のものとなったのだった。カサンドラは、コテージの手入れを進めるうちに、蔓植物に埋もれるようにして閉ざされ、ひっそりと忘れられていた庭園を見出す。封印され忘れられた花園が彼女に告げる驚くべき真実とは?ネルとはいったい誰だったのか?そしてブラックハースト荘の秘密とは…?サンデー・タイムズ・ベストセラー第1位。Amazon.comベストブック。オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。

翻訳もので、長編。普段なら絶対手を出さないのですが、ベストにあげている方が、複数いらしたので、私もチャレンジ。

いやいや・・・驚きました。現代を生きるカサンドラ、カサンドラの祖母ネル、ネルと因縁がありそうなイライザの話が、行ったり来たり。映像だとわかりやすいと思いますが、これを活字で表現した作者にも脱帽です。

自分のため、話を時系列に並べてみます。

1900年 イライザ孤児となり、亡母の実家へ、引き取られ、マウントラチェット家で暮らすようになり、いとこのローズと会う。

1907年 ローズが画家のナサニエルと出会う。いずれ結婚へ。

1913年 ローズ夫妻、列車事故で死亡。少女、オーストラリアへ渡り、ネルとして育つ。

1930年 ネル、自分の出生の秘密を知る。

1975年 ネル、イギリスへわたり、コテージを購入。移住する決意をする。この時、一応自分の本当の名前は、アイヴォリー。母はローズ、父はナサニエルであろうという結論に至る。

1976年 カサンドラ、ネルと暮らし始める。

2005年 ネル、死亡。カサンドラ、イギリスへ行き、祖母が遺したコテージ、祖母の出生にまつわる記録を探す。アイヴォリーを産んだのは、イライザであろうという結論に至る。

でも・・・解説を読んで、愕然。ネルもカサンドラも、必ずしも「正解」に至ったものでないと、断言している。特にカサンドラの結論を読み、それなりに納得していたので、頭のなかがグルグルでした。最後のほう、字体が変わっているあたりは、「妄想」なのかなと思って読んでいました。

ノンフィクションではないので、そのあたりはどうでもいいですが、とにかく大きな渦のような物語を楽しむことができました。

イライザが母親から、自分で人生を切り開いていくように諭される場面が一番好き。「誰かに助けてもらうのを待っていてはダメ」と。女は強いなあ。またカサンドラの未来が、明るくなる予感もあるのが、素敵。

« 【第20節 鹿島アントラーズ戦 ○ 2-1】監督の口から出た、倍返し! | トップページ | 伊坂幸太郎さんのエッセイにのってた本を二冊読む »

本・海外作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

ほっそさん、この本、おもしろかったです。
雰囲気も大好きだし、次々に現れる謎が、面白いように解けていくのに、それがさらに深い謎の始まりだったり、三人の女性たちの人生やルーツ、彷彿とさせる懐かしい名作児童書の数々・・・夢中になって読みました。
素敵な女たちでしたよね。最後のカサンドラの未来の明るい予感も、ほんとに素敵でした。
物語を読む喜びをたっぷり味わいました。楽しい読書でした^^

ありがとうございます。
読む前や読んでいる最中、あちこちのブログ(ぱせりさんのも含む)読んでいました。
猛暑のため、時間がかかってしまいましたが、有意義な時間でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/52850128

この記事へのトラックバック一覧です: ケイト・モートン「忘れられた花園」:

« 【第20節 鹿島アントラーズ戦 ○ 2-1】監督の口から出た、倍返し! | トップページ | 伊坂幸太郎さんのエッセイにのってた本を二冊読む »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。