ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« もうすぐ梅雨明け?長い梅雨が続いています。 | トップページ | 【第19節 川崎フロンターレ戦 ○ 2-1】久々の連勝! »

2013年7月読書のまとめ

いつも読んでくださるみなさんへ、報告。(そんなにいるかな?)

読書の記録、基本ネタバレしないような記録にするように配慮してきましたが、年齢?のせいか、忘れるスピードが速すぎます。あとで読んでも、なんだかわからないことも増えてきました。読んだことすら忘れて、また同じ本を借りてくることもあります。

そこで、ブログの記載を「続きを読む」という設定に変えました。そこには、ネタバレします。よろしくお願いします。読書メーターには、「ネタバレ」を隠す機能があるので、それを利用します。

7月は低調でした。直木賞に桜木紫乃さんが選ばれ、すでに受賞作も読んでいる私はうれしい気持ちでいっぱいでした。

2013年7月の読書メーター

読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2982ページ
ナイス数:166ナイス

禁猟区禁猟区感想
監察というと、「相棒」の見過ぎか、あのメガネの男性の印象しかない・・・そういう部署に女性が配属されていてもおかしくないのに、不思議な気分でした。そういう意味で、いくみをもっと知りたい気がします。「見つめないで」の後日談も知りたいし。
読了日:7月29日 著者:乃南 アサ
黒魔女さんが通る!! PART9 世にも魔界な小学校の巻 (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! PART9 世にも魔界な小学校の巻 (講談社青い鳥文庫)感想
クラス全員がそろい、記念撮影風のイラストも楽しかったけど、おばあちゃんの謎がどうしようもなく気になる。続きすぐ読めるかな?
読了日:7月29日 著者:石崎 洋司
わたしには夢があるわたしには夢がある感想
最後にこの演説の全文が載ってた。一読の価値あります。
読了日:7月25日 著者:ジュニア,マーティン・ルーサー キング
アリアドネの糸アリアドネの糸感想
海堂作品のタイトルに登場したアリアドネ。そのため借りてきたけど・・・・難しい。 私の頭が固いってこと?
読了日:7月25日 著者:ハビエル ソブリーノ
うさぎとマツコの往復書簡うさぎとマツコの往復書簡感想
バーバラ・ストライサンドとロバート・レッドフォードの「追憶」の結末について語ったところが、一番気になりました。ツタヤにあるかなあ。
読了日:7月25日 著者:中村 うさぎ,マツコ・デラックス
3652―伊坂幸太郎エッセイ集3652―伊坂幸太郎エッセイ集感想
お好きな本の話が出てきましたけど、ほとんど知らない作家さんだったことにショックです。(唯一知っていた作家さん、大江健三郎氏は未読だし、今後も読むかな??)伊坂作品、嫌いじゃないけど、時々違和感あったのには、こういうところ原因なのかな。
読了日:7月25日 著者:
移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活感想
イスラムの決まりについて、あまり詳しくしらなかったので、へえ~が連発。サッカーのフランス代表について思ってた素朴な疑問も、解決。いろんな意味で納得の本でした。
読了日:7月22日 著者:高野 秀行
文・堺雅人 (文春文庫)文・堺雅人 (文春文庫)感想
宮尾先生から作家になるよう勧められてた。お~~~! また、将軍を演じるにあたって、先生の本相当読み込んでいる。先生のファンとして、好感度倍増でした。
読了日:7月18日 著者:堺 雅人
ふたつめの庭ふたつめの庭感想
シングルファーザー隆平が、すてき。ずっと前の朝ドラ「こころ」を思い出し、胸キュンでした。だから脳内イメージは、仲村トオル。
読了日:7月17日 著者:大崎 梢
ひたすら面白い小説が読みたくて - 文庫解説コレクションひたすら面白い小説が読みたくて - 文庫解説コレクション感想
真保ファンとしては、「繋がれた明日」の解説が、とにかく素敵。作品の本質をついていると思いました。作家さんも、このように分析されたら本望だろうなあ。  とにかく読む本の分野の広さには、脱帽します。有川浩、上橋菜穂子、児玉さんの印象からちょっと離れた方まで読んでいらっしゃる。私も喰わず嫌いはやめた方がいいかなあ。
読了日:7月12日 著者:児玉 清
新潮 2013年 07月号 [雑誌]新潮 2013年 07月号 [雑誌]感想
宮尾先生の随筆のため、購入。 「きのね」の作品の背景を知ることができて、本当に感激です。
読了日:7月9日 著者:
酒井大岳と読む 金子みすゞの詩酒井大岳と読む 金子みすゞの詩感想
どうも金子みすゞのあの詩を読むと、震災直後のCMの印象が強烈で、その当時のこと思い出して、つらいものがあります。  やっぱり有名な「大漁」が一番好きです。
読了日:7月5日 著者:金子 みすゞ;酒井 大岳
六条御息所 源氏がたり 三、空の章六条御息所 源氏がたり 三、空の章感想
物語としてはおもしろいけど、登場人物に対しては、かなり手厳しいと思います。第一、六条御息所を主人公に据えるあたりからして、そう思いますが、いかがでしょう。
読了日:7月5日 著者:林 真理子
恋肌恋肌感想
いちばんの衝撃は、「プリズム」 結果として犯罪に手を染める女性を描いたのですが、そのハードルの低さは、ある意味衝撃的。男がだらしなく描かれているのにも、うなっちゃいました。
読了日:7月1日 著者:桜木 紫乃

読書メーター

« もうすぐ梅雨明け?長い梅雨が続いています。 | トップページ | 【第19節 川崎フロンターレ戦 ○ 2-1】久々の連勝! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/52694688

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年7月読書のまとめ:

« もうすぐ梅雨明け?長い梅雨が続いています。 | トップページ | 【第19節 川崎フロンターレ戦 ○ 2-1】久々の連勝! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。