ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 絵本の読書記録~~2013年12月 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 0-2】振り返れば、苦しい戦いでした。 »

佐川光晴「おれのおばさん」「おれたちの青空」「おれたちの約束」

★★★★

内容(「BOOK」データベースより)「おれのおばさん」

       高見陽介、14歳。父が逮捕され、母と離れ離れになったら、未来を拓く「出会い」が降ってきた。児童養護施設に暮らす中学生たちの真っ向勝負の「人生との格闘」、体を張って受け止めるおばさんや大人たちの生きざま…全編を貫く潔さが胸に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)「おれたちの約束」

       父親が服役中の陽介、虐待の記憶に苦しむスポーツ万能の卓也。札幌の児童養護施設「魴〓舎(ほうぼうしゃ)」に暮らす仲間も高校受験を控え、悩める時期を迎えている。ある大雪の朝、卓也は「家出」を敢行するが…(「小石のように」)他全3篇。高校進学への迷いと未来への希望―陽介と卓也に旅立ちの時が来た。第26回坪田譲治文学賞受賞作『おれのおばさん』に続く感動の青春小説。

内容紹介「おれたちの約束」

       大人気「おれのおばさん」シリーズ。
札幌を離れて仙台の高校の寮に入った陽介。しかし学園祭の日、大地震が起きる。
仙台に留まり復興を担う決意をした陽介は出所した父と再会し・・・。感動の青春小説。

新聞広告で、「おれたちの約束」の告知を見て、初めてこの作家さんのことを知りました。シリーズものということで、まとめて3冊読みました。

私を個人的に知っている方なら、この本が私のツボにはまった理由、わかると思います。登場人物の名前が・・・

陽介が本当にいい子。好感持てましたねえ。それに引き替え、彼の親(特に父)のだらしないこと。世間ではありそうな話で、話の展開に共感が持てました。

いちばん私の気持ちにぐっときたのは、父親を刑務所に尋ねていくところ。あまりの情けなさに、陽介マジ切れ。

大人も子供(中学生~高校生)も、個性的なメンバーが多いんで、おすすめしたい本でした。

「学園祭の時に、大地震が起きる」というのには、小説としての設定はいいと思います。でも、また震災の記憶もはっきりしているうちに季節を変えたのは、どうなのかなと思います。石巻市民なんで、余計にそう思います。

« 絵本の読書記録~~2013年12月 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 0-2】振り返れば、苦しい戦いでした。 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/54145342

この記事へのトラックバック一覧です: 佐川光晴「おれのおばさん」「おれたちの青空」「おれたちの約束」:

« 絵本の読書記録~~2013年12月 | トップページ | 【最終節 FC東京戦 ● 0-2】振り返れば、苦しい戦いでした。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。