ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 三浦しをん「政と源」 | トップページ | 上橋菜穂子「夢の守り人」「虚空の旅人」 »

桜木紫乃「蛇行する月」

★★★★

内容紹介

       「東京に逃げることにしたの」道立湿原高校を卒業したその年の冬、図書部の仲間だった順子から電話がかかってきた。
二十も年上の職人と駆け落ちすると聞き、清美は言葉を失う。
故郷を捨て、極貧の生活を“幸せ" と言う順子に、悩みや孤独を抱え、
北の大地でもがきながら生きる元部員たちは引き寄せられていく――。
今もっとも注目される著者による、読む者の心に希望の灯をともす傑作小説。

今上橋作品読んでいるのですが、箸休めのつもりが結局一気読み!

ある意味、冒険作だと思います。直木賞とったからかなあ。

この物語、あきらかに主人公は順子。でも、順子は、周りの目を通しての描写しかなく、本人の本音の描写は一切ない。

妻子ある菓子屋の店主(職人)だった男と、駆け落ち。それも身重の状態での逃避行。彼女とかかわりのある人物を通じて、彼女の人生が、年月の移り変わりとともに書かれている。

いちばん強烈だった場面は、夫に失踪された立場の和菓子屋のおかみ(弥生)の章。離婚届けと失踪届とどちらか選択させる場面。失踪届を選ぶって、え~~~。頭がくらくらした。結局、順子は内縁のまま、死ぬの?また、フェリーの乗務員している友人(桃子)が、順子に宅配の荷物作るところ。

難しい病気だけど、死んでも息子の目になれると前向きな順子が、哀れでならない。内縁の夫は「失踪届」選択したというのに。

「幸せは自分のこころが決める」のは、確かだけど、人をうらやましいという気持ちを封印しただけで、こう暮らせるものかと、自分自身を振り返る作品だった。

« 三浦しをん「政と源」 | トップページ | 上橋菜穂子「夢の守り人」「虚空の旅人」 »

本・桜木紫乃」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/54716430

この記事へのトラックバック一覧です: 桜木紫乃「蛇行する月」:

« 三浦しをん「政と源」 | トップページ | 上橋菜穂子「夢の守り人」「虚空の旅人」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。