ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 毎日新聞社取材班編「境界を生きる」 | トップページ | 三浦しをん「政と源」 »

東野圭吾「祈りの幕が下りる時」

★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

       悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。

私が読んだ加賀シリーズの中で、(「赤い指」「新参者」「麒麟の翼」だけでした)ピカイチだと断言できる作品。(でも、そのためには「赤い指」を読んでおかないといけないですが・・・)加賀刑事の私生活、特に両親のことの疑問が一気に解決しました。

物語の舞台や登場人物の仕事などで、震災や原発のことにも触れていただいています。

夢中で読み過ぎたせいか、「ルビーのアクセサリー」で、ハッと思ったのですが、それがなんだったか思い出せないのだ。また、アパートの借りる名義が、どうして越川睦夫だったか経緯って書いてあったか、思い出せません。

謎解き、特に動機にかかわるところは、涙涙です。また、読み終わると、表紙の写真とタイトルの意味に納得。さらに捜査の過程で、証言者に「原発はウランと人間を食って動くんだ」といわせます。「天空の蜂」を以前書いた作者ならでこそ。

以下、物語の真相。

女性演出家、浅居博美の過去。母が家のお金をすべて持って、出た後、父と二人で失踪。失踪先で、博美が横山一成を殺してしまう。(正当防衛と思える事案ですが)父はこれを利用して、横山に成りすまして、自殺したことにする。横山は、原発作業員であった。

この横山が、加賀刑事の母百合子(わけあって家を出ていた)と、仙台で、かかわりを持つという展開。百合子には、綿部と名乗るのです。

博美は夢を叶えて、女優そして、演出家として成功する。父とは接触しないようにしていたが、学生時代の恩師苗村が、彼女を追っかけ、上京。(父は、秘密の発覚を恐れ、苗村を殺害していた)

博美の演出した舞台の会場で、博美の幼馴染押谷道子が、父を見つけてしまうことで、殺害されてしまう。(道子は、博美の母の現在を伝えるつもりでした)

父は、娘に殺されることを望んだ。そして最後に渡したカバンの中には、加賀刑事への手紙が入っていました。

« 毎日新聞社取材班編「境界を生きる」 | トップページ | 三浦しをん「政と源」 »

本・東野圭吾」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

「赤い指」も「新参者」も、この本のためにあったと思えるような作品でしたね。
震災の扱い方も、不自然さがなく良かったです。
(石田衣良の小説で、こんなふうに扱ってほしくないと思ったものがあったので。。。)
加賀恭一郎シリーズも一段落してしまった?という事だけが、心配です。
ぜひ続いてほしい!

ありがとうございます。
私は、お母さんの問題が彼の中で、ひと段落したのだから、今度は自分が家族を持つのではと勝手に解釈してしまいました。
初期の作品が未読なんで、悩むところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/54627603

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾「祈りの幕が下りる時」:

« 毎日新聞社取材班編「境界を生きる」 | トップページ | 三浦しをん「政と源」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。