ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 大雪が降りました! | トップページ | 上橋菜穂子「神の守り人」来訪編 帰還編 »

浅田次郎「天切り松闇ものがたり」

★★★

内容紹介第一巻の内容

       「殿下閣下もかまいやしねえ。盗られて困らぬ天下のお宝、一切合財ちょうだいしようじゃねえか」目細の安吉親分の新たな旅立ちを描く「闇の花道」等、帝都の闇を駆ける伝説の怪盗たちの物語5話。

浅田次郎さんの本は結構読んだけど、未読の作品も多いのですが、この作品は存在すらしらなかった。お粗末な話。ラジオで、鷲尾真知子さんが強力に勧めていたんです。

二冊まとめて借りてきました。

いやまいった。

なんと伝説の泥棒のお話。それも松に語らせると、まるで講談。

姉が吉原のおいらんになるのですが、再会、そして姉の最期、このくだりは、作者らしい。刑務所の中で、看守や囚人たちに語り聞かせるという展開。松蔵、すでに老人のようなんで、この巻では、まだまだお話の入り口。天切りとは、屋根の一部を切り取って、侵入する手口。

スリに詐欺、泥棒といっても部門?があるようで、そのあたりの事情?も面白かったです。

内容紹介第二巻の内容

       「母を死に追いやり、姉を女衒に売った父の供養なんてできない」少年・天切り松は声を絞る…「春のかたみに」等、裏稼業の世界に生きる人間たちが、意地と見栄に命をかける大正ピカレスクロマン
この巻では、松蔵と父の確執が描かれています。また、恩人を助けるために、今でいうなりすまし詐欺を働き、マネーロンダリングをしてお金を作る話もありました。
まだまだ続くようなんで、追いかけます。

« 大雪が降りました! | トップページ | 上橋菜穂子「神の守り人」来訪編 帰還編 »

本・浅田次郎」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

これはもう、文句なしに好きなシリーズです!
浅田次郎の「語りの文学」の真骨頂ですね。
一家の面々が個性的で楽しいし、話には泣かされることも多く・・・。
最近新作が久々に出たので、早く読みたくてうずうずしてます。

ありがとうございます。
今更ながらで、私ほかの方の読書日記、きちんと読んでいたんだろうか。自問自答しました。思いっこみって怖いです。
それを思うと、この先生の作品の数の多いこと・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/54871608

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田次郎「天切り松闇ものがたり」:

« 大雪が降りました! | トップページ | 上橋菜穂子「神の守り人」来訪編 帰還編 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。