ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 岡山一成「岡山劇場」 | トップページ | 連敗でした。結果4連敗、大丈夫かベガルタ! »

佐々涼子「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」

★★★★


内容(「BOOK」データベースより)

「8号(出版用紙を製造する巨大マシン)が止まるときは、この国の出版が倒れる時です」―2011年3月11日、宮城県石巻市の日本製紙石巻工場は津波に呑みこまれ、完全に機能停止した。製紙工場には「何があっても絶対に紙を供給し続ける」という出版社との約束がある。しかし状況は、従業員の誰もが「工場は死んだ」と口にするほど絶望的だった。にもかかわらず、工場長は半年での復興を宣言。その日から、従業員たちの闘いが始まった。食料を入手するのも容易ではなく、電気もガスも水道も復旧していない状態での作業は、困難を極めた。東京の本社営業部と石巻工場の間の意見の対立さえ生まれた。だが、従業員はみな、工場のため、石巻のため、そして、出版社と本を待つ読者のために力を尽くした。震災の絶望から、工場の復興までを徹底取材した傑作ノンフィクション。


震災関連本、一時の出版の波は収まったようですが、ここにきて、真打登場というところでしょうか。

震災後、角川文庫(新しく印刷されたもの、新刊または増刷)買った方いますか?もしかして、その本は被災した石巻工場の在庫で助かった紙ですよ。

自分自身も停電、断水、携帯圏外、生活必需品の入手困難を体験したんで、このあたりの記述はどうしても奥歯をかみしめての、読書になってしまいました。


紙の製造方法に関して、かなりの説明がありました。そのあたりはさすが、佐々さん。

読む前から、タイトル「紙つなげ!」に関して、ちょっと不思議な感覚がありました。どうして「つなげ」なのかな、震災後氾濫した「絆」にかけているのかなと、思ってたけど、読んで納得。きれいに紙をつないで、巻き取りの機械にきちんとつなぐ必要があるんだ。

美談でもなく、悲劇でもなく、普通の人たちにスポットがあてられたこと。なかなか表に出なかったマイナスイメージのことも書かれて、地元としては納得です。また佐々さんに、いらしてほしいです。

« 岡山一成「岡山劇場」 | トップページ | 連敗でした。結果4連敗、大丈夫かベガルタ! »

本・国内作品」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

私も読む前までは「つなげ!」の意味がわかりませんでしたが読んで納得。
>美談でもなく、悲劇でもなく、普通の人たちにスポットがあてられたこと
本当にそうですね。
佐々さんに感謝です。

ありがとうございます。
私、よそものなんで、あなたほどの思い入れはなかったのですが、
よくこの困難な状況を書いてくださったと、拍手喝采でした。
紙の製造方法については、ちょっとチンプンカンプンでしたけど、それを含めて、感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/57321213

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々涼子「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」:

« 岡山一成「岡山劇場」 | トップページ | 連敗でした。結果4連敗、大丈夫かベガルタ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。