ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 柏戦、ロスタイムに失点。ガンバ大阪戦、ロスタイムに同点に。 | トップページ | 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」 »

2014年10月読書のまとめ

「ゲド戦記」読み始めました。読書の秋ですが、今年は目標まではるかに遠い・・・量はともかく、質で勝負?

10月に読んで一番だったのは、「星々たち」でした。


2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3753ページ
ナイス数:188ナイス

まだふみもみず (幻冬舎文庫)まだふみもみず (幻冬舎文庫)
読了日:10月30日 著者:檀ふみ
星々たち星々たち感想
長編なら丹念に書いていくところが、視点を変えていく都合で、何年か急に飛ぶ! その間の出来事は、想像するしかない。これも彼女の作品を読み続けている私には、たまらないものでした。 やや子のたくましさにはある意味驚いた。桐子がどう育てたんだろか。やや子の父の放浪した人生も、なんとなく透けて見える。いやいや参りました。スピンオフが書けそうな作品でした。
読了日:10月30日 著者:桜木紫乃
しんがり 山一證券 最後の12人しんがり 山一證券 最後の12人感想
官僚に対しての恨み節に近いものもありましたけど、そこを歴代幹部は見誤っていたように思います。歴代幹部が自己保身に走ったように、官僚だってそうなるんだということを。 蓄えを自社株に替えた社員たち、泣くに泣けないものがあったと思います。会社って誰のものという根本的な問題もあります。個人商店ならともかく、それなりの規模がある以上、少なくとも個人のものではない、社会的な存在であることには間違いないのです。 でも、自分の勤務先の破たんを、テレビや日経で知るって、つらいだろうなあ・・・・
読了日:10月24日 著者:清武英利
こわれた腕環―ゲド戦記 2こわれた腕環―ゲド戦記 2感想
一巻の中、小島で孤独に暮らす二人からいただいたものが、二巻で話の鍵になる展開に満足でした。ここまで読んだのだから、一応最後まで読んでみようと思います。
読了日:10月24日 著者:アーシュラ・K.ル・グウィン
影との戦い―ゲド戦記 1影との戦い―ゲド戦記 1感想
二巻にまとめて感想書きます。
読了日:10月24日 著者:アーシュラ・K.ル・グウィン
忘れられた日本人 (ワイド版 岩波文庫)忘れられた日本人 (ワイド版 岩波文庫)
読了日:10月21日 著者:宮本常一
マスカレード・イブ (集英社文庫)マスカレード・イブ (集英社文庫)感想
連作短編というのも素敵。途中、新田と組む女性刑事が出てきましたけど、彼女、今後登場するのかな。もう少し成長を見てみたいと思います。
読了日:10月21日 著者:東野圭吾
野球の国 (光文社文庫)野球の国 (光文社文庫)感想
気になったのは、作家さんの日常です。プロットを考えずに執筆始めるって、ほんとですか?天才ですか?また、書きあがったのに頭抱えた作品ってなんだろう?天王洲アイルは、その当時よりずっと便利になったと思いますが、今も住んでいらっしゃるのかなあ。
読了日:10月13日 著者:奥田英朗
アンのゆりかご 村岡花子の生涯アンのゆりかご 村岡花子の生涯感想
ドラマは、現実のいいところをキリバリしたような印象でした。ひたすら優しかった実家の人たちは、現実には違いました。ドラマに出てきた兄ヤンも、まったく違います。細かいところはともかく、話の中心になる部分には、一本貫いたものを感じました。さすが脚本家の先生を含めた、製作者側の情熱、感じました。

もう少し、関連本や村岡訳の本を読んでみたい気持ちになりました。
読了日:10月10日 著者:村岡恵理
幸福に驚く力 (かもがわCブックス)幸福に驚く力 (かもがわCブックス)感想
児童文学が好きな方には、ぜひお勧めしたいし、「ゲド戦記」を読んだ方もぜひ。翻訳の過程でいろいろ悩んだことや、話の内容についても載っていました。 「ゲド戦記」読むぞ!
読了日:10月6日 著者:清水眞砂子
天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト感想
昭和初期の設定でした。棟梁が立派な家を建てたんで、仕事が進まない怪盗の話には笑ってしまった。まだ続くのかな。
読了日:10月6日 著者:浅田次郎
妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記 (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記 (YA!ENTERTAINMENT)感想
楽しい内容でした。また本編、最初から読みたくなった・・・
読了日:10月6日 著者:
第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)感想
冒険に出発するまでが、長いこと・・・西洋史苦手なんで、挫折しそうになりました。作者のまえがきにあったのですが、一つの史実を基にここまでの世界を繰り広げるとは、すごい作品でした。
読了日:10月1日 著者:ローズマリサトクリフ

読書メーター

« 柏戦、ロスタイムに失点。ガンバ大阪戦、ロスタイムに同点に。 | トップページ | 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/57885616

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年10月読書のまとめ:

« 柏戦、ロスタイムに失点。ガンバ大阪戦、ロスタイムに同点に。 | トップページ | 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。