ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 宮尾登美子「つむぎの糸」 | トップページ | 百田尚樹「フォルトゥナの瞳」 »

津原泰三「ルピナス探偵団の当惑」「ルピナス探偵団の憂愁」

内容(「BOOK」データベースより)

「そうだ、検視の結果なんだけど」と姉(警察官)は言い、「いい。聞きたくない。いま食べてるし」と私(女高生)はかえすのだが、「じゃあ聞かないで。勝手に喋るから」そうして事件に巻き込まれ(押しつけられ)てゆく私たち。どうして殺人を犯した直後に被害者の残したピザなんかを食べていったのだろうか、どうして血文字のダイイング・メッセージ(らしい)はわざわざ鏡文字になっていたのか、そしてどうして死体から腕だけを無理して盗んだのか―。才人津原泰水が本格ミステリーの粋を凝らした傑作。

あらすじ・内容
高校時代「ルピナス探偵団」として様々な事件に遭遇してきた少女3人と少年1人。卒業後、それぞれの道を歩んでいた4人のうち、1人が不治の病で世を去った。久々に顔を合わせた3人に残されたのは、彼女が死を前にして百合の樹の林に造らせた、奇妙な小路の謎だった――。第1話「百合の木陰」から時を遡り、高校卒業式を目前に殺人が起きたルピナス学園で、彼らが授かった“祝福”を描く第4話「慈悲の花園」までを辿る。津原泰水だからこそ書き得た、少年少女たちの「探偵」物語。〈ミステリーズ!〉連載の4編を大幅加筆修正。


まゆさんのおすすめで二冊まとめて。

はじめましての作家さんです。無意識にこの種の作品避けてたみたいで、作品の雰囲気になじむのにちょっと時間がかかりました。

二冊の連作短編集と考えると、「大女優の右手」と「百合の木陰」が一番好き。キャラでイチオシは、男性のしじま君(祀島君) 登場人物の名づけにも驚きました。主人公の姉の刑事、あうおふじこ(吾魚不二子)もすごかったです。二冊目のほうは、時間をさかのぼっていく構成でした。

子供のころよく読んだ、少年探偵団を現代風にアレンジするとこういう感じなんでしょうか?

« 宮尾登美子「つむぎの糸」 | トップページ | 百田尚樹「フォルトゥナの瞳」 »

本・国内作品」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

ほっそさん、こちらも読んでくださってありがとうございます。

「当惑」の方は、姉のキャラがけっこう苦手で苦戦したのですが、
「憂愁」にすっかりやられました。
いきなり探偵団の一人がなくなってしまって、時間をさかのぼっていく・・・。
最終話の最後のシーンは、いずれ彼女が死ぬことがわかっているので、
せつなくて、涙が出そうになりました。
ミステリでこういう読後感は久しぶりでした。

ありがとうございます。
まゆさんのおすすめがなければ、手に取らない作品でした。
またいろいろおすすめください。
「憂愁」だけ読んでも、よくわからないというのは確かに言えてると思います。情報、ありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/58680987

この記事へのトラックバック一覧です: 津原泰三「ルピナス探偵団の当惑」「ルピナス探偵団の憂愁」:

» ルピナス探偵団の憂愁 [読み人の言の葉]
2131「ルピナス探偵団の憂愁」 津原泰水   創元推理文庫   ★★★★★ 私 [続きを読む]

« 宮尾登美子「つむぎの糸」 | トップページ | 百田尚樹「フォルトゥナの瞳」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。