ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 奥田英朗「ナオミとカナコ」 | トップページ | 真保裕一「ダブルフォールト」 »

2015年1月の読書のまとめ

新パソコンから作成してます。なれなければ・・・

年明けすぐに宮尾先生の訃報に接しました。

今月に読んだ本で一押しは、やっぱり先生の随筆です。


2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3320ページ
ナイス数:169ナイス

ナオミとカナコナオミとカナコ感想
直美が、夫の暴力に耐える母親の目つきを「小動物のようにおびえた」とたとえて、嫌っている描写に心が乱れました。在日中国人のこと、こんなふうに書いちゃっていいんでしょうか? またデパートの外商って、庶民には縁がないんで、そのあたりもとても興味深く思いました。 あと思いっきり、ブログに書いちゃいましたので、訪問ください。
読了日:1月31日 著者:奥田英朗
フォルトゥナの瞳フォルトゥナの瞳感想
ドクターの黒川氏と恋人の桐生葵が登場して、話が俄然面白くなりました。もし、木山が2011年3月10日、宮城県沿岸部を訪ねていたら、どんなふうだっただろうかと、どうしても想像してしまいました。また、今年も3月11日が近づいてきます。
読了日:1月29日 著者:百田尚樹
ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)感想
「当惑」とまとめて読む。二冊の連作短編集と考えると、「大女優の右手」と「百合の木陰」が一番好き。キャラでイチオシは、男性のしじま君(祀島君) 登場人物の名づけにも驚きました。主人公の姉の刑事、あうおふじこ(吾魚不二子)もすごかったです。二冊目のほうは、時間をさかのぼっていく構成でした。
読了日:1月24日 著者:津原泰水
ルピナス探偵団の当惑 (ミステリー・リーグ)ルピナス探偵団の当惑 (ミステリー・リーグ)感想
「憂愁」とまとめて読んだので、感想はそちらへ。
読了日:1月24日 著者:津原泰水
かべ―鉄のカーテンのむこうに育ってかべ―鉄のカーテンのむこうに育って感想
今の子供たちは、「冷戦」というのをどういうふうに学ぶのだろうか。プラハで育った作者の自伝的本。大人が読むべき本です。
読了日:1月17日 著者:ピーターシス
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ感想
絵本ではもったいない・・・子供には難しいかも。大人こそ読むべき。
読了日:1月17日 著者:
あるひ ぼくは かみさまと (講談社の翻訳絵本)あるひ ぼくは かみさまと (講談社の翻訳絵本)感想
不思議な本だった。神様の概念が覆される思いだった。 タイトル文字が印象的だった。ここで閲覧して納得。
読了日:1月17日 著者:キティ・クローザー
つむぎの糸つむぎの糸感想
ずっと、「仁淀川」に続く綾子の物語が読みたいと熱望していましたが、新潮社の編集者さんも同じ思いだったのですね。娘さんから見る、「母宮尾登美子」も知りたいと思うのですが、わがままでしょうか。
読了日:1月17日 著者:宮尾登美子
八月の六日間八月の六日間感想

編集者としての仕事のところも、本好きとしては、興味津々のところ。また山に行くのに、途中で読む本をセレクトしたり、山小屋に本を置いて行ったり、そういう場面も好き。また、当時読んだ新田次郎の「孤高の人」伝説の登山家、加藤文太郎が主人公です。

最後に作者がいろいろ釘をさしているのは、何とも微笑ましい・・・
読了日:1月13日 著者:北村薫
赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)感想
この訳者さんのは、初めて読みました。 アンを引き取るときのセリフ、「花アン」のかよのセリフでした!
読了日:1月13日 著者:ルーシー・モード・モンゴメリ
キャロリングキャロリング感想
子育て経験者として、航平が両親をいかに愛しているかがもう胸キュンでした。お父さんとお母さんの不仲に心痛めるなんて、いかにも有川作品らしい。とても素敵でした。
読了日:1月13日 著者:有川浩
盗聴 (講談社文庫)盗聴 (講談社文庫)感想
「表題作」と「私にむかない職業」が印象的です。
読了日:1月8日 著者:真保裕一
わたしのミステリーわたしのミステリー感想
今後の参考のために。
読了日:1月8日 著者:逢坂剛

読書メーター

« 奥田英朗「ナオミとカナコ」 | トップページ | 真保裕一「ダブルフォールト」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/58803153

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年1月の読書のまとめ:

« 奥田英朗「ナオミとカナコ」 | トップページ | 真保裕一「ダブルフォールト」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。