ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2015年4月の読書のまとめ | トップページ | エレナ・ポーター「スウ姉さん」 »

宮尾登美子「一弦の琴」

☆☆☆☆
あらすじ・内容
直木賞受賞作。土佐藩の上士の娘・苗は、祖母・袖の嗜みであった一絃琴を5歳の時に初めて聴き、その深い音色に魅せられた。運命の師有伯と死別した後、結婚生活で一度は封印したものの、夫の理解を得て市橋塾を始め、隆盛を極めた。その弟子となった蘭子は苗との確執の果て、一絃琴の伝統を昭和に伝える(講談社文庫)。


キンドルで読む。

何度か読んでいるはずですが、今回はキンドルということもあって新鮮な気持ちで読めました。(紙の本と違って、劣化しないのもいいですね。)

モデルの方、いるらしいのですが、どこまでが史実でどこまでが先生の創作か、迷ってしまうほど、心理描写が素晴らしいものでした。

苗と蘭子の確執、一言で言ってしまえば簡単ですが、自分の年齢のせいか、苗がどうしても蘭子を受け入れることができない気持ちがわかるような気がします。蘭子の態度が、どうしても許せなかったんでしょう。

でも、きちんと本人に伝えず、養女をもらうことを発表するとは、怖いとも思いました。

« 2015年4月の読書のまとめ | トップページ | エレナ・ポーター「スウ姉さん」 »

本・宮尾登美子」カテゴリの記事

私が読んだ本(おすすめ)」カテゴリの記事

コメント

好きな物語です。
苗も蘭子も、どちらもかたくななところがあったり、なんでそうなの?と言いたくなるのですが・・・だからこそ、人間、なのですよねえ。
そういうところをあますところなく書くから、宮尾作品の説得力・迫力は生まれるのだと思います。

まゆさん、ありがとうございます。

そのあと、ネットでいろいろ見たのですが、モデルの人物にかんしてそこまでの記録は見つかりませんでした・・・ということは、先生の創作?それとも・・・いろいろ考えました。
直木賞作品ですが、なんとも重厚な作品。今なら、別の賞とダブル受賞と思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/59920469

この記事へのトラックバック一覧です: 宮尾登美子「一弦の琴」:

« 2015年4月の読書のまとめ | トップページ | エレナ・ポーター「スウ姉さん」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。