ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« ナビスコカップは、予選リーグ敗退。そして、リーグ戦 | トップページ | リディア・フレム「親の家を片付けながら」 »

2015年5月の読書のまとめ

キンドルで読んだ、「一弦の琴」と「スウ姉さん」がよかったです。キンドルだと、劣化も気にならず、いつでも読めますね。

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3063ページ
ナイス数:145ナイス

十津川警部とたどるローカル線の旅 (角川oneテーマ21)十津川警部とたどるローカル線の旅 (角川oneテーマ21)感想
心配いただきましたが、仙石線はもうすぐ全線復旧します。 (石巻市民です)
読了日:5月27日 著者:西村京太郎
村岡花子の世界: 赤毛のアンとともに生きて (らんぷの本)村岡花子の世界: 赤毛のアンとともに生きて (らんぷの本)感想
花子さんの「ブックレビュー」を読み、心乱れました。その当時有名な作家さんでも、こんなに早く忘れられてしまうんだ。 それも映画や舞台にでもならないと、人々の記憶に残らないだ。
読了日:5月27日 著者:
新釈 にっぽん昔話新釈 にっぽん昔話感想
フィリピンでホームレスしている男性のノンフィクション読んだばかりでしたので、「笠地蔵」のおじいさんとおばあさんの息子たちが、「音信不通」である事情を説明されてて、切なくなりました。
読了日:5月27日 著者:乃南アサ
日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」感想
国内でホームレスなら、まだ救いようがあるのに、海外ですでにオーバーステイ状態で、現地の人の施しを受けて、その日暮らしとは、なんとも表現のしようがない。そういう彼らを助けるフィリピンの人たちは、ある意味すごい国民性を持っているんだ。

今回は男性しか出てこなかったけど、女性もあるんでしょう・・・
読了日:5月27日 著者:水谷竹秀
捏造の科学者 STAP細胞事件捏造の科学者 STAP細胞事件感想
スキャンダルなんでしょうか? ハーバードの先生が、彼女を高く評価していたらしいが、そのあたりがよくわからない。(作者も国内の取材だけだったみたいです。)そのあたりは、ぜひ追加取材してほしい。日本の大学だけでなく、アメリカまで巻き込んだとは、到底信じがたいものがありました。 笹井先生、もっと言いたいことがあったんでは? いろいろちやほやして、あとで落とす。芸能界の一発屋芸人ですか?まだ若いのに、今後どうするんでしょう?
読了日:5月27日 著者:須田桃子
若草物語若草物語感想
どうしても親の目線でみてしまうが、「清廉潔白」の見本である母が、自分がこういう風になる前に「葛藤」があったと、告白した場面。私としては見逃せませんでした。
読了日:5月16日 著者:ルイーザ・メイオルコット
いこう!絶滅どうぶつ園いこう!絶滅どうぶつ園感想
こういう本に弱いんです。また借りてきてしまった!
読了日:5月16日 著者:今泉忠明
リボンちゃんリボンちゃん感想
絵がかわいい! 中身は、大人にはちょっと理解不能です。
読了日:5月16日 著者:サトシン
小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。感想
表紙とタイトルに,くぎ付け。 中身は、愛情あふれる母親のお話でした
読了日:5月16日 著者:原田剛
はしれ、上へ!  つなみてんでんこ (ポプラ社の絵本)はしれ、上へ! つなみてんでんこ (ポプラ社の絵本)感想
石巻市民です。行列を作って高台へ避難していく様子。ぎゅうぎゅうの体育館で一晩過ごした様子。絵本とはいえ、真にせまるものがありました。
読了日:5月16日 著者:指田和
あぽわずらい あぽやん3あぽわずらい あぽやん3感想
また、内容が航空会社の破たんとか、業務縮小とか、笑うに笑えず。遠藤君が心身不調になるなど・・・・・エンタメに徹してほしかったと思うのですが・・・ 4で、そのあたり解決かな?
読了日:5月11日 著者:新野剛志
レッツゴー・ばーさん! (単行本)レッツゴー・ばーさん! (単行本)
読了日:5月8日 著者:平安寿子
スウ姉さん (河出文庫)スウ姉さん (河出文庫)感想
現代に生きる女性たちには、この当たりのことはわからないかもしれないですね。ほんの少し前には、本人の意思より、親や周りの意思で結婚する場合もかなりあったので、望まれて結婚することは、かなりの幸せだったはず。 かなり古い作品ですが、とても有意義な読書になりました。村岡花子さんの解説もすてきでした。
読了日:5月8日 著者:エレナポーター
新装版 一絃の琴 (講談社文庫)新装版 一絃の琴 (講談社文庫)感想
苗と蘭子の確執、一言で言ってしまえば簡単ですが、自分の年齢のせいか、苗がどうしても蘭子を受け入れることができない気持ちがわかるような気がします。蘭子の態度が、どうしても許せなかったんでしょう。 でも、きちんと本人に伝えず、養女をもらうことを発表するとは、怖いとも思いました。
読了日:5月8日 著者:宮尾登美子

読書メーター

« ナビスコカップは、予選リーグ敗退。そして、リーグ戦 | トップページ | リディア・フレム「親の家を片付けながら」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/60228944

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年5月の読書のまとめ:

« ナビスコカップは、予選リーグ敗退。そして、リーグ戦 | トップページ | リディア・フレム「親の家を片付けながら」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。