ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 暑い甲府での試合。スコアレスドローでした。 | トップページ | 神戸に敗戦 »

偶然とはいえ、妻に先立たれた夫が登場する話を二冊続けて読む。

さすが二冊続けてだと、放心状態になってしまって、冷静に感想がかけない。

本プロOBの皆さんの感想をぜひ知りたいです。

一冊目西川美和「永い言い訳」 こちらは一応そういう内容と知ってました。

あらすじ・内容
「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。
悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、
同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。

突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。
人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

書き手があちこち飛ぶので、最初戸惑ってしまいました。

大宮一家の壊れ方が、リアリティありすぎ…保育園児と小学生、男所帯で近くに頼る人がいないとこうなってしまうだろうな。その一家に津村がかかわることになるのだが、自分に見せなかった夏子のことを知って、困惑する展開。また、子供たちと接することによって、津村が少しずつ変わっていくのにほのぼのしました。大宮陽一のダメおやじぶりには笑ってしまうけど、犯罪者になりかけたことには、泣けてきました。

津村には共感できず、一生苦しめと思うのは、私が中年女だからでしょうか。

また母親が一番恋しい時期なのに泣きごとを言わない真平くんと灯(あかり)ちゃん。けなげで心をわしづかみされました。


●●●●●●●●●●●●●●

二冊目桜木紫乃「それを愛とは呼ばず」 作者の新刊、タイトルに引かれて読み始めたものです。

内容(「BOOK」データベースより)

妻を失い、仕事を奪われ、故郷を追われた54歳の経営者。夢を失い、東京に敗れた29歳のタレント。そしてふたりは、出会ってしまった。狂気を孕んでゆく女の純粋は、男を搦めとり、その果てに―。想像の範疇をはるかに超えるこのラストを、あなたは受け止められるか

以下内容に深く触れます。


経営者亮介。元タレント紗季。亮介の妻、章子。章子の息子慎吾、弁護士片倉が主な登場人物。

章子は、いわゆる女実業家。亮介は10歳年下の再婚相手で、会社の副社長。妻が交通事故を起こして,意識不明になることから動き始める物語。微妙な力関係が,一気に崩れていく様子は、この作者さんの得意なところ。

北海道で、紗季が狂った状態で犯罪に手を染めるのまでは、理解できたとしても(自殺した小田木を始末してしまうのです) もう最終章なんて、「助けて!」と言いたい気分。亮介まで練炭で殺すという結末、そこまでのぶっ飛びに関して,作者は全く表現していない。タイトルは検事が彼女を諭す一言でした。

« 暑い甲府での試合。スコアレスドローでした。 | トップページ | 神戸に敗戦 »

本・国内作品」カテゴリの記事

本・桜木紫乃」カテゴリの記事

私が読んだ本(普通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508704/60761740

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然とはいえ、妻に先立たれた夫が登場する話を二冊続けて読む。:

« 暑い甲府での試合。スコアレスドローでした。 | トップページ | 神戸に敗戦 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。