ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

Jリーグ開幕!! 仙台初戦勝利。

今年も始まります。
開幕戦は、横浜での試合。

なんとキャンプから、そのまま仙台に戻らず、試合だったとのこと。


新加入の三田選手がゴールした得点を守り切っての、勝利でした。


来週は、仙台での試合です。

薬丸岳「Aではない君と」

☆☆☆☆☆

内容紹介

殺人者は極刑に処すべきだ。親は子の罪の責任を負うべきだ。周囲は変調に気づくべきだ。自分の子供が人を殺してしまってもそう言えるのだろうか。読み進めるのが怖い。だけど読まずにはいられない。この小説が現実になる前に読んでほしい。デビューから10年間、少年事件を描き続けてきた薬丸岳があなたの代わりに悩み、苦しみ、書いた。この小説が、答えだ。

正直打ちのめされてしまった。

あまりの衝撃で、読む手が何度も止まり、小休止をはさみながらの読書だった。ノンフィクションとも思わせる内容ですが、小説でないと逆にかけないものもあります。

以下内容に触れます。

「心と人とどちらが大切か」という重い課題がありました。
いわゆる加害者とされる青葉翼の追い込まれていく状況は、本当に切ないものがありました。逆に被害者とされる藤井優斗も、死んだあと家族が知る事実にも重いものがありました。


自分が女のせいか、翼の母親の態度に関しては、どうも理解不能。吉永が優等生な気がしました。

母親がアパートに住めなくなり、夜逃げのような引っ越し。マスコミに取り囲まれた吉永が、会社の人たちから、はれ物に触れるような対応されたり、恋人との破局。それぞれの実家の様子など、リアリティありすぎて、本当にへこみました。ラストもかすかな希望だけで、苦しい読書になりました。

2016年1月の読書のまとめ

新しい1年の始まりです。
今月読んだのでは、「悲素」が、ピカイチ。おすすめしてくれたときわさんに感謝。
「下町ロケット2」も面白かったです。


2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3317ページ
ナイス数:208ナイス

スクラップ・アンド・ビルドスクラップ・アンド・ビルド感想
反発するコメントも多いようですけど、世の中きれいごとばかりではありません。 孫世代の主人公が、母親と祖父(実の父と娘)の関係を、本音で書いているように思いました。 最近テレビで拝見しますが、本音丸出しのトークで楽しいですね。 芥川賞のお祝いのお返し、何にしました?
読了日:1月29日 著者:羽田圭介
山口恵以子エッセイ集 おばちゃん街道 ~小説は夫、お酒はカレシ~山口恵以子エッセイ集 おばちゃん街道 ~小説は夫、お酒はカレシ~感想
結局一気読みしました。涙あり、笑いあり。 テレビに出演した時の様子がピカイチ。全くの素人ではないため、スタッフへの評価が厳しいのには、恐れ入りました。 小説に登場する彼女の母親の近況もわかって,二度お得した気分。 ネコのいたずら話にも驚きましたので、猫好きな方にもおすすめ。
読了日:1月27日 著者:山口恵以子
下町ロケット2 ガウディ計画下町ロケット2 ガウディ計画感想
ドラマの最終回、録画に失敗したので、本当に楽しみでした。(平日の日中の再放送期待! 今ルーズベルトゲームやってます) このシリーズ、まだまだ続くのかなと思わせるような展開でした。ドラマの影響か、山崎部長がイチオシです。前作も読んでみようかと思ってしまいましたね。
読了日:1月27日 著者:池井戸潤
さようなら、オレンジ (単行本)さようなら、オレンジ (単行本)感想
生まれた国を追われるということ。言葉がわからない環境で過ごすこと。子供と別れること。小説で描くとこういうことになっていくのかと、感じた作品。 読書の仲間からの紹介でした。 紹介なければ、絶対手に取らない作品だったと思います。
読了日:1月25日 著者:岩城けい
悲素悲素感想
ブログに書きました。
読了日:1月23日 著者:帚木蓬生
早春賦早春賦感想
参りました。菊乃の言動に・・・・ 昼ドラマにしたら面白そうに思います。(菊乃は、小沢真珠かな?) 明治時代の貴族は、こんな浮世離れした生活をしていたのかと思うと、とてもふしぎな気分になりました。 ラストどうなるのか気になりましたが、早苗が産んだ子を養女にしたとは・・・ その娘の恋物語も、すごいものでした。
読了日:1月18日 著者:山口恵以子
あなたも眠れないあなたも眠れない感想
とても面白く読めました。 最近テレビでもよく見かけるので、その意味でも楽しみ。 新作待ってます。 この作品は、日航機の事故を連想させるような記述が多くて、単純に楽しんでいいのだろうかと思いましたけど、最初と最後の部分に余韻を感じます。
読了日:1月13日 著者:山口恵以子
仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン感想
ただほど高いものはないということ、実感した本でした。 サービスの裏側には、こういうことがあったのか・・・ 我が家に配達に来る方は、いいかたが多いので、なにか差し入れしようと思った。また、時間帯指定はドライバーさんのためになるような、使いかたしようって再確認しました。
読了日:1月9日 著者:横田増生
世界の果てのこどもたち世界の果てのこどもたち感想
満州での子供時代のあと、離れ離れになり、群像劇が続くのですが、珠子が残留孤児として来日した場面で、話が一本につながりました。 物事単純ではない側面も見ました。特に在日の方が、祖国に帰らない決意をしたあたり、また北朝鮮への帰国事業に関しても。 山崎豊子さん、ユン・チアンさんなどでかなり読んでいるつもりでしたけど、素晴らしい本でした。
読了日:1月9日 著者:中脇初枝
大原御幸 帯に生きた家族の物語大原御幸 帯に生きた家族の物語感想
真理子さんは、エッセイのほうが好きなのですが、これは面白かったです。 どこまでが史実で、どこからが作者の創造なのかはどうでもいい気がしました。 話それますが、宮尾先生の伝記の執筆どうなってるかご存知の方いますか?
読了日:1月4日 著者:林真理子
三匹のおっさん三匹のおっさん感想
再読
読了日:1月4日 著者:有川浩

読書メーター

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。