ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

書籍・雑誌

2017年12月の読書のまとめ

ブログ放置気味。スマホに移行してますけど、ほかのブロガーさん、スマホから入力しているのかな。

遅くなりましたけど、先月の振り返り。

12月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1641
ナイス数:101

ルビンの壺が割れたルビンの壺が割れた感想
いや〜〜衝撃的な作品でした。 
あとがき大好きなんで、ついつい最後のページを見るクセあります。
でもあとがきなくて、最後の衝撃的な一文。心の中で、悲鳴でした。
男、一馬の身勝手さと、女、ミホコのしたたかさを感じました。
読了日:12月31日 著者:宿野 かほる
明るい夜に出かけて明るい夜に出かけて感想
作者の意外な一面を見たように感じた。いい意味で、裏切られた気分です!
芸人さんとしてのアルピーは、私の
守備範囲外ですけど、今度は真剣にネタ見ます。
主人公が成長している様子で、とても良い読後感でした。
読了日:12月30日 著者:佐藤 多佳子
ゴランノスポンゴランノスポン感想
独特な世界に困惑。
アメトーークで、読書の世界が広がる楽しさ。
読了日:12月24日 著者:町田 康
四月になれば彼女は四月になれば彼女は感想
中年にはきつい本でした。
正直、ハルがなぜ手紙を書いたか、理解できない。
平穏な生活が、乱されるだろうに。センチメンタル満載の本でした。
個人的には、患者との関係に苦しむ女医さんのエピソード、獣医学部の野良猫事情がお気に入りでした。
読了日:12月19日 著者:川村 元気
黒魔女さんの小説教室 チョコといっしょに作家修行! (青い鳥おもしろランド)黒魔女さんの小説教室 チョコといっしょに作家修行! (青い鳥おもしろランド)感想
誰でも文書は、書ける。
でもお金や時間を費やす文は、書けない。
作文と小説の間には、高くて険しい壁がある!
読了日:12月14日 著者:石崎 洋司,藤田 香
晩鐘晩鐘感想
今も昔も、だめ男っているんだ!
幼少期も大切ですけど、愛子先生も甘やかしの傾向有りと思っています。
嫌な奴とはいっても、借金ある程度払ったというのもすごい。正直金の力も感じました。
騙された人たち、お気の毒でした。
読了日:12月10日 著者:佐藤 愛子

読書メーター

2017年11月の読書のまとめ

これだけが、続いている・・・
年間のまとめ、早めに作成して、年末年始に備えます。

吉田修一の本がよかったです。あと、アメトークの本をメモして、参考にします。

11月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2152
ナイス数:117

怒り(下)怒り(下)感想
苦手な群像劇でしたけど、下巻からペースアップしました。
もし身近な人物が、過去を隠した存在で、なおかつ警察の手配写真にどことなく似ているって場合、冷静でいられるだろうか。

読了日:11月30日 著者:吉田 修一
怒り(上)怒り(上)感想
感想は、下巻に。
読了日:11月30日 著者:吉田 修一
母ではなくて、親になる母ではなくて、親になる感想
自分自身が子育てしているうちに、読みたかったというのが、正直な感想です。
家族のこと、ご自身の仕事のこと、飾らない言葉で好感持てました。赤ちゃんの性別を語らない育児エッセイです。
読了日:11月22日 著者:山崎 ナオコーラ
海の見える理髪店海の見える理髪店感想
表題作が、いちばん好きです。理容師の脳内イメージは、柄本明さん。
読了日:11月18日 著者:荻原 浩
るるらいらい 日豪往復出稼ぎ日記るるらいらい 日豪往復出稼ぎ日記感想
林真理子さんとの対談の本を読んでいたので、期待を裏切らない出来栄えでした。
お子さんたちが大きくなった後、この家族はどういう選択をするのかな。
人種差別の話、いじめの話も好印象でした。
読了日:11月15日 著者:小島 慶子
コインロッカー・ベイビーズ 下コインロッカー・ベイビーズ 下感想
正直なところ、よく理解できなかったけど、作者の情熱は十二分に伝わってくる。
歌手になったハシ、刑務所入りしたキク。近未来的な場面が多かったけど、ハシが故郷を訪ねる場面が、個人的には一番お気に入り。
読了日:11月15日 著者:村上 龍
コインロッカー・ベイビーズ(上)コインロッカー・ベイビーズ(上)感想
感想は下巻へ。
読了日:11月15日 著者:村上 龍
母さんがこわれた夏母さんがこわれた夏感想
うつ病の母親と四ツ子の物語。専門誌ではないので、病気のことはわからないけど、児童書としてはよいと思いました。
楽しいことと楽しいと思えないという定義でした。
読了日:11月02日 著者:マリャレーナ・レムケ
作家の読書道作家の読書道感想
読了を忘れ、図書館で借りた。
読了日:11月02日 著者:

読書メーター

2017年10月の読書のまとめ

愛子先生の人気エッセイ。又吉先生の長編、ぜひおすすめします。


10月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1731
ナイス数:134

写真でわかる日本の物流〈1〉衣料品が届くまで写真でわかる日本の物流〈1〉衣料品が届くまで
読了日:10月27日 著者:物流博物館
九十歳。何がめでたい九十歳。何がめでたい感想
理屈抜きに面白かった!
人生相談に関しての記述に爆笑しました。
もしかしてどこかの編集さん、愛子先生に回答者依頼していたりして。
読了日:10月25日 著者:佐藤愛子
劇場劇場感想
恋愛小説なのか、、、とても不思議な気分になった。
沙希の純粋なところが、痛すぎます。永田のだめ男ぶりに、正直ひいてしまつた。
ラストシーンは、とても素敵でしたけど、深読みすると、永田の身勝手ばかり感じました。

追記 正直いうと、ラストの永田の長いセリフ、ぐっと来ちゃいました。映像化希望します。
読了日:10月18日 著者:又吉 直樹
女の七つの大罪女の七つの大罪感想
対談を本にまとめたもの。
お二方とも、世間からは恵まれているって思われる存在ですけど、意外にご自身は、そう思ってないみたい。
人間の欲望は、果てしない。
読了日:10月15日 著者:林 真理子,小島慶子
薄情薄情感想
群馬愛炸裂。私自身、群馬の地理詳しくないので、そのあたりはスルーしました。
大雪の事件?
よそから来た方への複雑な心境。
理解不能な女性の言動。
この作家さんらしい作品でした。
ラスト、結局彼は、どこに向かうの?
読了日:10月10日 著者:絲山 秋子
都知事失格都知事失格感想
なんとも自虐的なタイトルですねー。
行政のこと、いろいろ書いてあって、難しく感じました。
自画自賛と恨み節が多いと思ったのは、気のせいでしょうか?
森元総理との関係性は、驚きました。
読了日:10月08日 著者:舛添 要一
生きぬいた子どもたち―あの日、「対馬丸」に乗っていた私たちは生きぬいた子どもたち―あの日、「対馬丸」に乗っていた私たちは
読了日:10月04日 著者:石川 久美子
アノニマス・コールアノニマス・コール感想
真保先生に似た、ねちこい展開で錯覚しそうでした。
不器用な主人公も好感持てます。
今までとの物語とちょっと違う雰囲気でしたが、よかったです。
主人公の脳内イメージは、綾野剛くん。」
読了日:10月04日 著者:薬丸 岳

読書メーター

2017年9月の読書のまとめ

放置気味ですが、これだけはなんとか・・・


9月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1158
ナイス数:77

砂子のなかより青き草砂子のなかより青き草感想
とても新鮮に思って、楽しんで読みました。でも、古典(時代物)が苦手なんで、睡魔が襲うのでした。
読了日:09月27日 著者:宮木 あや子
天使の棲む部屋 問題物件天使の棲む部屋 問題物件感想
現実離れしているのに、読んでしまつた。
読了日:09月27日 著者:大倉 崇裕
ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟感想
映画化の話を知り、再読。もうすぐ公開とのこと。
初めて読んだ時、最初に出てくるコソ泥には、宮迫さんのイメージしか思いつかなかった。(同様にナミヤの爺さんは、伊東四朗さん)
難しい内容にチャレンジしてくれてありがとう。
読了日:09月08日 著者:東野 圭吾
隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計 (朝日新書)隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計 (朝日新書)感想
元気なうちは働けってことか。
財布の大きさを変えるのは、エネルギーが必要です。
読了日:09月08日 著者:荻原博子

読書メーター

2017年8月の読書のまとめ

不順な天候でしたが、暑かった日があったのには変わりない。

8月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1730
ナイス数:107

トイレの法則 「トイレ掃除」でわかった! 伸びる会社・伸びる人トイレの法則 「トイレ掃除」でわかった! 伸びる会社・伸びる人
読了日:08月30日 著者:星野 延幸
グローバライズグローバライズ感想
申し訳ない。
理解出来ない。

光浦さんの推薦でしたけど、この本を全国放送で紹介する勇気に脱帽した。
読了日:08月24日 著者:木下 古栗
カンパニーカンパニー感想
友人のおすすめ。
青柳の元妻の設定が、リアルっていうか、悪意を感じた。
彼女が壊れる過程も、知りたい!
池井戸作品のようで、安心感あり。
読了日:08月16日 著者:伊吹 有喜
グラミン銀行を知っていますか―貧困女性の開発と自立支援グラミン銀行を知っていますか―貧困女性の開発と自立支援感想
論文形式だけれど、読み切った。
コミュニティを作り、連帯責任で少額の融資を実行。会合で勉強していく、思いつきそうで思いつかないシステムだと思いました。
読了日:08月14日 著者:坪井 ひろみ
永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット感想
始めて知ることも多くて、大変興味深いものでした。
へえ~~と思ったのは、野球部員にも信仰を求めていたということ。教団本体への取材はかなわず、周辺取材というのは仕方ないと思います。
暴力とスポーツに関しても、ちょっと時代錯誤を感じたのも事実。
でも、純粋な気持ちで入部した最後のメンバーに対しては、本当に脱帽した。この経験は、必ず将来生きるはず。
読了日:08月14日 著者:柳川 悠二
かがみの孤城かがみの孤城感想
女の子の心理描写が、なんとも重苦しい。
若いときには読みたくなかった作品でした。
読了日:08月08日 著者:辻村 深月

読書メーター

2017年7月の読書のまとめ

猛暑で心身ともに疲弊中。

7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1592
ナイス数:74

あぽわずらい あぽやん3あぽわずらい あぽやん3感想
やっちまった。
読んだことすら忘れての再読。
読了日:07月26日 著者:新野 剛志
蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係感想
長編でした・・・
読了日:07月26日 著者:大倉 崇裕
オバさんになっても抱きしめたいオバさんになっても抱きしめたい感想
笑った笑った・・・
女性の世代間のギャップのネタは面白いなあ。
団塊、バブル、ゆとり、いろいろあるけど、世代でくくるのは正直どうなんでしょう。
読了日:07月11日 著者:平安寿子
ご本、出しときますね?ご本、出しときますね?感想
BSジャパンでこんなテレビやっているんだ。
作家さんとのトーク、おもしろすぎます。ギャップ一番だったのは、村田紗耶香さん。コンビニの仕事ある日のほうが、仕事はかどるなんて、すごい。
その他、爆笑トーク。西加奈子さん登場しすぎ?
読了日:07月08日 著者: 
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)感想
妹さんのエッセイ読んで、彼女の作品も読みました。図書館本ですが、小説の棚にあった。小説と思い込んで読み始めて、衝撃でした。
読了日:07月08日 著者:米原 万里

読書メーター

2017年6月の読書のまとめ

「空色の小鳥」「嫁をやめる日」が、おすすめ。


2017年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2474ページ
ナイス数:137ナイス

https://bookmeter.com/users/4392/summary/monthly
■空色の小鳥
一気読みした。
大宮と蒲田が登場して、いろんな意味でびっくり。
いろいろ考えさせられる内容でしたが、ラスト希望が持てたので、ほっとした。
ワンマン社長ってこういうのかな。取り巻きの家族、距離を置いた長男など、気の滅入る内容でもあった。
思春期どう乗り切っていくのか、続きも知りたいなあ。
読了日:06月23日 著者:大崎梢
https://bookmeter.com/books/9837416

■嫁をやめる日
一気読みしたけど、リアルな設定があって、読後どんより。
地方都市の閉そく感が、リアルすぎてへこんだ。
皆さん書いていらっしゃる通り、後半主人公の実父が搭乗して、話が一気に楽しくなった。
読了日:06月23日 著者:垣谷 美雨
https://bookmeter.com/books/11553469

■ラプラスの魔女
現実離れしている設定ですが、読ませてしまうのには脱帽です。
刑事の中岡氏がいい味出しています。
群像劇が苦手な方は、主要人物だけでも名前のメモとってから読み進めてくださいね。
読了日:06月20日 著者:東野 圭吾
https://bookmeter.com/books/9649697

■姉・米原万里 思い出は食欲と共に
読了日:06月20日 著者:井上 ユリ
https://bookmeter.com/books/10907059

■バレリーナ 踊り続ける理由
読了日:06月20日 著者:吉田 都
https://bookmeter.com/books/11210861

■我ら荒野の七重奏
PTA関連の作品は、正直読みたくない。トラウマがひどすぎて。
部活の親の会なら、なんとか読めそうと思い手に取りました。
理屈抜きに面白い。運動部の親の会とは、また一種違うものを感じました。
タイトルが素敵。いじめに立ち向かうところも、拍手喝さいでした。
読了日:06月11日 著者:加納 朋子
https://bookmeter.com/books/11186205

■すてきな看護婦さん (フォア文庫―アボンリーへの道)
アンシリーズ大好きですが、こんなスピンオフもあったのね。
驚きでした。
読了日:06月11日 著者:モンゴメリ,F. マクヒュー
https://bookmeter.com/books/2633594

■本バスめぐりん。
保育所からみのお話が一番好き。シリーズになるのかな?
読了日:06月07日 著者:大崎 梢
https://bookmeter.com/books/11200648

■よっつ屋根の下
橋田先生のドラマでは、もっと大変なことになっていただろうが、そこは作者の別な意味での力業で、さわやかな仕上がりになっている。
本音をぶつけあったのだろうか。
この夫妻。兄と妹が別々の選択をしたのが、印象的。
読了日:06月02日 著者:大崎 梢
https://bookmeter.com/books/11120014


▼読書メーター
https://bookmeter.com/

2017年5月の読書のまとめ

放置気味ですが、これだけは細々続けています。

バタバタしていた割には結構読んだかも。10年ぶりに真保作品読みました。

5月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2438
ナイス数:130

コンビニ人間コンビニ人間感想
世間の方がどう思うか知りませんけど、コンビニで働くことは相当深い商品知識、扱うサービスの多さを求められます。
そう思っている私には、白羽の存在にイライラしました。
世の中すべて人の仕事でできているんです。
コーヒーのCMですけど。
読了日:05月29日 著者:村田 沙耶香
きみは赤ちゃんきみは赤ちゃん
読了日:05月29日 著者:川上 未映子
増補改訂版 「守り人」のすべて増補改訂版 「守り人」のすべて感想
短編でバルサとタンダの日常を知り、ほのぼのした。シーズン3のドラマも楽しみ。
推しメンは、シュガ。
読了日:05月23日 著者:上橋 菜穂子
栄光なき凱旋 下栄光なき凱旋 下感想
10年ぶりの再読。初めて読んだ時、ラスト泣けてしかたなかった。
今回もまた同じ。アメリカで出版してくれないかな。
タイトルが心揺さぶられる。
個人的には、マットが一番好き。朝鮮戦争で亡くなったとは・・・ 


読了日:05月23日 著者:真保 裕一
栄光なき凱旋 上栄光なき凱旋 上
読了日:05月23日 著者:真保 裕一
認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩
読了日:05月12日 著者:NHK「認知症・行方不明者1万人」取材班
笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代 (幻冬舎単行本)笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代 (幻冬舎単行本)感想
大好きな芸人さんなんで、応援の意味で購入。
読了日:05月04日 著者:房野史典

読書メーター

2017年4月の読書のまとめ

あわただしく過ごしています・・・
とりあえずは、元気。スマホと格闘中。

4月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3537
ナイス数:99

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代感想
大好きな芸人さん。
買うつもりでしたけど、図書館本で読む。
(あとでキンドルか何かで買う予定)
読了日:04月23日 著者:房野 史典
恋するハンバーグ 佃 はじめ食堂恋するハンバーグ 佃 はじめ食堂
読了日:04月23日 著者:山口恵以子
潜入ルポ 中国の女潜入ルポ 中国の女
読了日:04月23日 著者:福島 香織
帝国の女帝国の女
読了日:04月23日 著者:宮木 あや子
「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉 (NHK出版新書 362)「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉 (NHK出版新書 362)
読了日:04月23日 著者:NHK「プロフェッショナル」制作班
大相撲の解剖図鑑大相撲の解剖図鑑
読了日:04月23日 著者:
トコとミコトコとミコ感想
女の本性がよくわかる作品。
作者らしい物語の展開でした。燈子が浮世離れしていて庶民出身の私には、戸惑うばかり。昭和初期の帰国子女である。
結局先が気になり、一気読みしました。
読了日:04月15日 著者:山口 恵以子
陸王陸王感想
話の展開など、「下町ロケット」によく似ているのですが、安心して読める。
ドラマになるんですよね。キャスト見ないで読んだので、今からキャスティング検索してみます。
読了日:04月13日 著者:池井戸 潤
黒魔女さんが通る!! PART17 卒霊式だよ、黒魔女さん (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! PART17 卒霊式だよ、黒魔女さん (講談社青い鳥文庫)
読了日:04月11日 著者:石崎 洋司,藤田 香
黒魔女さんが通る!! PART18 とつぜんの絶交宣言!?の巻 (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! PART18 とつぜんの絶交宣言!?の巻 (講談社青い鳥文庫)
読了日:04月11日 著者:石崎 洋司,藤田 香
黒魔女さんが通る!! PART19 「あゆみ」の呪い!?の巻 (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! PART19 「あゆみ」の呪い!?の巻 (講談社青い鳥文庫)
読了日:04月11日 著者:石崎 洋司,藤田 香
黒魔女さんが通る!! PART20 奇跡の5年1組、解散!? (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! PART20 奇跡の5年1組、解散!? (講談社青い鳥文庫)感想
17巻からまとめて読む。
やっと完結した・・・でも6年生シリーズが始まったとは・・・このシリーズ、深すぎ。
読了日:04月11日 著者:石崎 洋司,藤田 香

読書メーター

2017年3月の読書のまとめ

真保作品、白蓮の娘さんが書いた本など、それなりに充実していました。

3月の読書メーター読んだ本の数:14読んだページ数:3286ナイス数:107


逃北―つかれたときは北へ逃げます
逃北―つかれたときは北へ逃げます読了日:03月31日 著者:能町 みね子
自覚: 隠蔽捜査5.5自覚: 隠蔽捜査5.5読了日:03月31日 著者:今野 敏
自覚: 隠蔽捜査5.5自覚: 隠蔽捜査5.5感想読書メーターの記録にないのですが。確か前に読んでいたので、再読にしておきます。読了日:03月31日 著者:今野 敏
裸の華裸の華感想登場人物の名前に仰天。
(読んだ方ならわかるはず)
一番気になったのはバーテンのジン。彼の半生だけで
もう一作かけそうです。
おにぎりやさんの風景が素敵でした。読了日:03月29日 著者:桜木 紫乃
「黒魔女さんが通る!!」×「若おかみは小学生!」 魔リンピックでおもてなし (講談社青い鳥文庫)「黒魔女さんが通る!!」×「若おかみは小学生!」 魔リンピックでおもてなし (講談社青い鳥文庫)読了日:03月28日 著者:石崎 洋司,藤田 香,令丈 ヒロ子,亜沙美
銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)読了日:03月28日 著者:宮澤 賢治
リーかあさまのはなし: ハンセン病の人たちと生きた草津のコンウォール・リー (ポプラ社の絵本)リーかあさまのはなし: ハンセン病の人たちと生きた草津のコンウォール・リー (ポプラ社の絵本)読了日:03月20日 著者:中村 茂,斎藤 千代
貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記感想彼女のお金事情が赤裸々に語られていた。「命」シリーズが売れたけど、東氏の闘病生活のためかなりの借金を抱えていたとは・・・
たけ君、大きくなりましたね。母親稼業もまだ続きますね。読了日:03月20日 著者:柳 美里
脇坂副署長の長い一日脇坂副署長の長い一日感想真保作品らしいものでした。
文章より、映像で説明されたほうがわかるかも・・・
スペシャルドラマで希望します。読了日:03月20日 著者:真保 裕一
私の消滅私の消滅感想又吉先生のおすすめ。処女作から読まないと、この作家さんの世界観はわからないかな・・・
なかなか刺激の強い読書体験でした。読了日:03月15日 著者:中村 文則
東京會舘とわたし(下)新館東京會舘とわたし(下)新館感想この本の書き手、真護先生の話が素晴らしい。
作家さんの受賞がらみのお話が素敵で、物語と思えずわくわくした。
一回くらい入ったことあるだろうか・・・
すっかり新しくなったら行ってみたいと思います。読了日:03月09日 著者:辻村深月
東京會舘とわたし(上)旧館東京會舘とわたし(上)旧館感想まとめて下巻に。読了日:03月09日 著者:辻村深月
娘が語る白蓮娘が語る白蓮感想「花子とアン」を見る前に読めばよかった。
さすが一番近いところで見ていた白蓮さんは、すごい。
寂聴先生曰く、「不倫も貫けば純愛」だそうです。読了日:03月09日 著者:宮崎 蕗苳
はじめての文学 林真理子はじめての文学 林真理子感想エッセイは大好きですが、小説はあんまり読んでません。
お母様のことを書いたのが気になります。読了日:03月02日 著者:林 真理子
読書メーター

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。