ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

私が読んだ本(普通)

偶然とはいえ、妻に先立たれた夫が登場する話を二冊続けて読む。

さすが二冊続けてだと、放心状態になってしまって、冷静に感想がかけない。

本プロOBの皆さんの感想をぜひ知りたいです。

一冊目西川美和「永い言い訳」 こちらは一応そういう内容と知ってました。

あらすじ・内容
「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。
悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、
同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。

突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。
人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

書き手があちこち飛ぶので、最初戸惑ってしまいました。

大宮一家の壊れ方が、リアリティありすぎ…保育園児と小学生、男所帯で近くに頼る人がいないとこうなってしまうだろうな。その一家に津村がかかわることになるのだが、自分に見せなかった夏子のことを知って、困惑する展開。また、子供たちと接することによって、津村が少しずつ変わっていくのにほのぼのしました。大宮陽一のダメおやじぶりには笑ってしまうけど、犯罪者になりかけたことには、泣けてきました。

津村には共感できず、一生苦しめと思うのは、私が中年女だからでしょうか。

また母親が一番恋しい時期なのに泣きごとを言わない真平くんと灯(あかり)ちゃん。けなげで心をわしづかみされました。


●●●●●●●●●●●●●●

二冊目桜木紫乃「それを愛とは呼ばず」 作者の新刊、タイトルに引かれて読み始めたものです。

内容(「BOOK」データベースより)

妻を失い、仕事を奪われ、故郷を追われた54歳の経営者。夢を失い、東京に敗れた29歳のタレント。そしてふたりは、出会ってしまった。狂気を孕んでゆく女の純粋は、男を搦めとり、その果てに―。想像の範疇をはるかに超えるこのラストを、あなたは受け止められるか

以下内容に深く触れます。


経営者亮介。元タレント紗季。亮介の妻、章子。章子の息子慎吾、弁護士片倉が主な登場人物。

章子は、いわゆる女実業家。亮介は10歳年下の再婚相手で、会社の副社長。妻が交通事故を起こして,意識不明になることから動き始める物語。微妙な力関係が,一気に崩れていく様子は、この作者さんの得意なところ。

北海道で、紗季が狂った状態で犯罪に手を染めるのまでは、理解できたとしても(自殺した小田木を始末してしまうのです) もう最終章なんて、「助けて!」と言いたい気分。亮介まで練炭で殺すという結末、そこまでのぶっ飛びに関して,作者は全く表現していない。タイトルは検事が彼女を諭す一言でした。

薬丸岳「逃走」

あらすじ・内容
早期解決を確実視された殺人事件。容疑者の若者は何のために逃げ続けるのか?
驚愕と感動のラストが待つ、乱歩賞作家による逃亡劇。

閉店後のラーメン店で、店主が何者かに暴行され死亡した。通報により駆けつけた救急隊員に、「約束を守れなくてすまない」と声を振り絞り、被害者は息絶える。通報した若者を容疑者として始まった捜査は、早期解決が確実視されていたはずだった……。


なぜ逃げるのか?

その点が最後まで,引っ張られる展開でした。児童養護施設で育った兄と妹には,深い事情があるようだ。

舞台は埼玉,和歌山、小豆島、広島など。面白かったけど、どうしてもこの作家さんには、期待しすぎてしまう傾向があります。


以下ネタバレ。

両親の起こした事件は、保険金殺人ということになっているが、さらにそれは替え玉殺人であった。
また、兄と妹は血がつながっていなかった。


母が出所したあと、彼らと絶縁状態だったのが、どうにも腑に落ちない。家族とは難しいものだ。

リディア・フレム「親の家を片付けながら」

内容(「BOOK」データベースより)

「人はいつか父と母を失い、孤児になる。子供とはもういえない年になっても、残される者は身寄りのない孤児だ」両親を見送り、膨大な遺品があふれる一軒家を相続することになった“私”。喪失感とためらいを抱えながらも、仕方なく家の中を片づけ始めていくうちに、生前はけして見せることのなかった、父と母の心の傷に触れることになる―静かな感動を呼び続けた再生の物語。


ずっと前に新聞の書評で見てた作品。忘れていましたけど,「ミレニアム」のそばで発見!

精神分析が専門の方が親の家を片付けると、こういう感慨に浸るのかと思いました。

親子といえども共通理解が難しい、戦争体験それもアウシュビッツ・・・

そうはいっても、莫大な品物の数々。やっぱり困ってしまうだろうな。私としては、震災体験もあり、物に対する執着はありません!

乃南アサ「新釈にっぽん昔話」

☆☆☆


人も子供も楽しめるユニークな昔話集が誕生しました。
ドラマ化で話題となった『いつか陽のあたる場所で』など、次々話題作を生み出す乃南アサさん。「さるかに合戦」「花咲かじじい」「一寸法師」「笠地蔵」など誰もが知っている昔話が、手練れの作家の手にかかると、大人も楽しめるユニークなエンタテインメントに大変身。太宰治の『お伽草子』を彷彿とさせる意欲作です。東日本大震災を、取材に訪れた仙台で経験した乃南さん、復興に取り組む人たちに、物語で勇気と希望を届けたい、という思いも込められた作品集です。「


絵本,まんがにほんむかしばなし、真っ青なブラックユーモアたっぷりの物語でした。


フィリピンでホームレスしている男性のノンフィクション読んだばかりでしたので、「笠地蔵」のおじいさんとおばあさんの息子たちが、「音信不通」である事情を説明されてて、切なくなりました。

子供には読ませたくない本だと思います。

水谷竹秀「日本を捨てた男たち」

☆☆☆

あらすじ・内容
フィリピンクラブとの出合いが、フィリピンへの逃避行、無一文への転落と5人の男の運命を変えた。今や社会問題となりつつある「困窮邦人」の実態を徹底的にあぶり出す渾身のノンフィクション。第9回開高健ノンフィクション賞受賞作!

エンタメ作品なら、笑えるけど、これがノンフィクションだから、気が滅入る。


国内でホームレスなら、まだ救いようがあるのに、海外ですでにオーバーステイ状態で、現地の人の施しを受けて、その日暮らしとは、なんとも表現のしようがない。そういう彼らを助けるフィリピンの人たちは、ある意味すごい国民性を持っているんだ。

今回は男性しか出てこなかったけど、女性もあるんでしょう・・・

須田桃子「捏造の科学者」

あらすじ・内容
このままの幕引きは科学ジャーナリズムの敗北だ

「須田さんの場合は絶対に来るべきです」
はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。
ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する
理研の記者会見に登壇したのは、若き女性科学者、小保方晴子。
発見の興奮とフィーバーに酔っていた取材班に、
疑問がひとつまたひとつ増えていく。
「科学史に残るスキャンダルになる」
STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部。
その中心となった女性科学記者が、書き下ろす。

誰が、何を、いつ、なぜ、どのように捏造したのか?

「科学史に残るスキャンダル」の深層

理系全くダメですが、マイミクのときわさんの励まして手に取りました。

でも相当難しい・・・無意識のうちに飛ばし読みしてしまった。読み終わって、頭の中がぐるぐる・・・・結局のところ何だったのか?

スキャンダルなんでしょうか? ハーバードの先生が、彼女を高く評価していたらしいが、そのあたりがよくわからない。(作者も国内の取材だけだったみたいです。)そのあたりは、ぜひ追加取材してほしい。日本の大学だけでなく、アメリカまで巻き込んだとは、到底信じがたいものがありました。

笹井先生、もっと言いたいことがあったんでは? いろいろちやほやして、あとで落とす。芸能界の一発屋芸人ですか?まだ若いのに、今後どうするんでしょう?

ルイーザ・メイ オルコット「若草物語」

☆☆☆

内容紹介
19世紀アメリカの作家であるルイーザ・メイ・オルコットの代表的作品。南北戦争の時代を背景として、ニュー・イングランドで暮らすマーチ家を舞台に、従軍牧師である父親の留守を守る四人姉妹、母親、乳母たちの日常を描く。それぞれの個性を持つ四人姉妹が「小さな婦人」をめざして努力する過程での、喜びや悩み、夢を生き生きと描写している。作家志望の次女ジョーは、作者自身の投影であると言われている。


キンドルの青空文庫で読む。

19世紀の作品か・・・・原題から「若草物語」としたのは、いろんな意味ですごいと思いました。どうしても親の目線でみてしまうが、「清廉潔白」の見本である母が、自分がこういう風になる前に「葛藤」があったと、告白した場面。私としては見逃せませんでした。


無料だから仕方がないけど、文中に入る解説?みたいのが、面倒くさい。それ以外は満足。


新野剛志「あぽわずらい あぽやん3」

☆☆☆


内容(「BOOK」データベースより)

なんだって、あの遠藤が出社拒否!?笑って怒って、感動の空港物語。


1と2を読んで、かなり間があいてしまったので、記憶があいまいで、今一つ楽しめなかった。また、内容が航空会社の破たんとか、業務縮小とか、笑うに笑えず。遠藤君が心身不調になるなど、エンタメに徹してほしかったと思うのですが・・・


4で、そのあたり解決かな?

平 安寿子「レッツゴー・ばあさん!」

☆☆☆

内容紹介

老化も含めて60歳は自由だ! そう思えば将来(不安はゼロではない)もどーんと受け止められる。人生をきれいに生き尽くせるかは50代が勝負! ユーモアあふれる短編連作。


私にとってのラノベ作品。彼女も年齢を重ねて、こういう作品書くようになったんだ!

エッセイといっても、誰も騙されない、なかなか眞に迫った作品でした。もっと書いてほしいなあ。

小池真理子選「精選女性随筆集 第十一巻 向田邦子」

☆☆☆

向田邦子さんのエッセイは、若いころ結構読んだと思います。

今より多感な時期だったので今でも内容覚えているのがあります。それが載っているかなあというのが、一番の興味あるところ。


○海苔巻きの端っこが、大好きな話。
子供のころ、父親も海苔巻きの端っこが好きで、取り合いになり、大人になったら、思いっきり海苔巻きの端っこ食べたいと書いてあった。
共感しましたね・・・今でも恵方巻食べると思い出します。(このまるかぶり寿司は、端っこがそのままになってます。)
・・・・・・・この話は載ってなかった。


○こらえ性がなくて、引き出物を帰りのタクシーで開けた話。

この話は載ってた。

○飛行機が嫌いなのに、積極的に旅をして事故で亡くなったとは、なんとも悲しいものでした。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。