ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

本・絲山秋子

絲山秋子「離陸」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

「女優を探してほしい」。突如訪ねて来た不気味な黒人イルベールの言葉により、“ぼく”の平凡な人生は大きく動き始める。イスラエル映画に、戦間期のパリに…時空と場所を超えて足跡を残す“女優”とは何者なのか?謎めいた追跡の旅。そして親しき者たちの死。“ぼく”はやがて寄る辺なき生の核心へと迫っていく―人生を襲う不意打ちの死と向き合った傑作長篇。

不思議な物語でした。

伊坂幸太郎さんが「絲山秋子が書くスパイの物語が読みたい」という気持ちと、彼女が以前から温めていた「離陸」というタイトルから展開する物語です。

新刊出たのは知らなくて、図書館で発見し手に取りました。

「女優」は、ミステリアスな存在ですが、それ以外の設定はリアルなものでしたので、物語とはわかっていてもどうにも不思議でした。

女優の子供は、ブツゾーとういう名前。女優は失踪して友人のイルベールが日本に訪ねてくるところから、不思議。それも利根川の源流の八木沢。仕事でフランスに行って、恋人ができ、一緒に帰国後、熊本のダムでホームシックになるとか、視覚障害の妹茜が進路で家族と衝突したとか、そういうリアルなものでしたので、「暗号」とかタイムスリップとかがミステリアスでした。

絲山秋子「不愉快な本の続編」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

女と暮らす東京を逃げ出した乾。新潟で人を好きになり、富山のジャコメッティと邂逅し、そして故郷・呉から見上げる、永遠の太陽―。不愉快な本を握りしめ彷徨する「異邦人」を描き、文学の極点へ挑む最新小説。

ダメ男を書かせたら、彼女は抜群。今回の男は、乾、日本を放浪するのでした。作者が参考にした本のリストがありましたけど、ほとんど未読。

新潟、富山での日常が出てきました。住んだことあるとしか思えない描写でした。ホントに不思議な作家さんだ!

絲山秋子「末裔」

964番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

家族であることとはいったい何なのか。父や伯父の持っていた教養、亡き妻との日々、全ては豊かな家族の思い出。懐かしさが胸にしみる著者初の長篇家族小説。

久々に彼女の作品を読みました。タイトルで、ちょっとひいていたのです。

感想、彼女が家族を描くとこうなるのか・・・不思議な読後感でした。

主人公の富井が、家に戻ったとき、鍵穴がなくなり、家に入れなくなることから展開する物語。ファンタジーみたいな登場人物も出てきました。「群像」に連載の作品とのことに、妙に納得しました。

絲山秋子「妻の超然」

803番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

文学がなんであったとしても、化け物だったとしても、おまえは超然とするほかないではないか。「妻の超然」「下戸の超然」「作家の超然」を収録した異色の三部作。

私彼女の作品、「男っぽくって」好きですね。これには、表題作のほか、「下戸の~~」と「作家の~~」と、三作品収録されています。好きな人にはたまらない作品ですね。女性が読めば、どうしてそんな深層心理までわかるの?と思うでしょうし、男性が読めば、空恐ろしくなるのかな? 

私個人としては、「下戸の~~」が好き。

妻の超然 Book 妻の超然

著者:絲山 秋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絲山秋子「袋小路の男」

567番 ☆☆☆

表題作を含めて、3作品収録されてました。表題作とその関連作品「小田切孝の言い分」は、相変らず彼女の世界でした。

一筋縄でいかない男女の関係を書かせると、本当にうまいなあ。山崎豊子のあの本で、あの新聞記者と事務官の関係がよくわからなかったけど、この作家さんに書かせたら、どんな世界になるのかなと、想像してました。

袋小路の男 Book 袋小路の男

著者:絲山 秋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絲山秋子「絲的サバイバル」

446番  ☆☆☆☆

「絲的メイソウ」も、かなり面白かったけど、これも面白かった。思わず声を出して、笑ってしまったところ、何か所もありました。

一ヶ月に一回、アウトドアを楽しむ、サバイバルというより、キャンプ生活を語るエッセイなのですが、場所は様々、季節も様々。目的もいろいろです。

彼女の群馬好きも、ここまで来ましたか! 最終章は、自分の家を建てる予定で手に入れた、土地でのキャンプでした。

絲的サバイバル Book 絲的サバイバル

著者:絲山 秋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆表紙のイラスト、奇麗でしょ! 中にも楽しい、雰囲気のイラストあります。買うかどうかは、微妙ですが、まだ新刊なので、本屋さんでのぞいてみてください。

絲山秋子「逃亡くそたわけ」

443番 ☆☆☆

まだ彼女が芥川賞をとる前、4年前の作品です。

幻聴に悩まされる、躁鬱病患者わたしとなごやんが病院から、脱走して、九州を旅するってお話。

地元にこだわるわたしと、東京大好きのなごやんの会話が面白かったです。九州の観光地の記述も愉快でした。

最後に「逃亡ルート」が載っています。私自身、阿蘇山と開聞岳は行ったことあります。そういう点で楽しく読めました。

逃亡くそたわけ Book 逃亡くそたわけ

著者:絲山秋子
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絲山秋子「北緯14度」

441番 ☆☆☆

彼女の旅行記。行先はセネガル! それも2か月の長期滞在です。フランス語圏ということで、得意の語学も生かしてです。

「住む」というには短すぎ、「旅」というにも長すぎる期間ですね。街の描写のほか、現地の人たちとの交流、日本人社会とのやり取りなど、いろんなこと書いてました。

外交官夫人に対しては、強烈な皮肉でした。「旧華族」みたいだって人たちに、外国で出会う日本人に対する形容でした。

ホームシックになり、病気にもなり、大都会ダカールからあちこちにお出かけ、セネガルの食事になじんでいく様子。

そして、帰国を前に逆のホームシックになり、悲しいお別れ、帰国後も現実に対応できない様子・・・すべて正直に書かれていて、好感を持ちました。二年以内にまた行くと宣言していたのですが・・・

私自身、あまり興味のない分野でしたが、楽しく読めました。

北緯14度 Book 北緯14度

著者:絲山 秋子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絲山秋子「ばかもの」

437番 ☆☆☆

彼女の新作。「新潮」に連載された作品だったそうですが、冒頭部読んで卒倒しそうになった・・官能小説と勘違いしそうな感じで、でも彼女の描写はあくまでも「男っぽい」のです。

タイトルどおりの男、ヒデが主人公だが、女におぼれ、そして捨てられ(この捨てられ方もすごい!) そしてアル中に、あ~~~ほんとに「ばかもの」だ。

どうなることやらと思って、読み進めましたが、私としては想定外の結末がありました。「世の中捨てたもんではないな」と思わせる展開でした。

また作者の「群馬ネタ」「車ネタ」も炸裂です。

芥川賞受賞の時は、すらっとしたパンツスーツが印象的でした。でも書評欄でみた彼女の最近の写真に、仰天。人相が変わるくらい、まるいのです。エッセイで「身内から風船デブと呼ばれてます。」 体調によって、食べられる時期とそうでない時期が激しく、二桁単位で体重が増減していると書いてたの、ホントだったんですね。

ばかもの Book ばかもの

著者:絲山 秋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

絲山秋子「エスケイプ/アブセント」

428番 ☆☆

双子の江崎正臣、和臣が出てくる話。舞台は東京~京都、福岡~~

京都で神父さんに出会い、居候する正臣。和臣の面影を追い、京大の寮へ。

これが「エスケイプ」

「アブセント」のほうは、和臣が福岡ですごす日々。どうも京都から逃げてきたようだ・・・

いま一つ、世界に入り込めませんでしたdespair

エスケイプ/アブセント Book エスケイプ/アブセント

著者:絲山 秋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。