ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

本・東野圭吾

東野圭吾「マスカレード・イブ」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。

いきなり文庫で出たようですが、おもしろく読みました。このうちどれか小説すばるで読んでいたのですが、とにかく面白かったです。

連作短編というのも素敵。途中、新田と組む女性刑事が出てきましたけど、彼女、今後登場するのかな。もう少し成長を見てみたいと思います。

また、「マスカレードホテル」読みたくなりましたね。

「マスカレードイブ」の結論は、まさかの交換殺人でした。

東野圭吾「超・殺人事件」

★★★

あらすじ・内容
日本推理作家協会、除名覚悟! 作家、書評家、編集者みんなまとめてメッタ斬り。超問題作、ついに文庫化。

新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる――。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危ない小説8連発。意表を衝くトリック、冴え渡るギャグ、そして怖すぎる結末。激辛クール作品集。

東野圭吾さんの本だと、いろんなシリーズがありますね。私が勝手に呼んでいる「理系シリーズ」(ガリレオシリーズの一部)が、かなり苦手です。でも、このタイプ「自虐ネタシリーズ」(今勝手に命名)、大好きです。涙流して笑いました。この種の作品の予定はないのかな?


認知症気味で、同じ描写が繰り返される。とにかく「長編」ということで、まえがきが長い小説。(高校野球の話ですが、甲子園の歴史で?ページも) 税金対策のため、ストーリーがあっちへ行ったり、こっちへ来たり。現実に似たような殺人事件が起こったり。いやいや笑いました。

東野圭吾「虚ろな十字架」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。


この作家さんしかかけない作品と思いました。傑作と思いますが、あまりに内容が重いので、体調の良いときにぜひ。

以下、内容に触れます。

苦手な群像劇。当初、中学生の沙織と高校生の史也の描写が、どう絡んでいくのかと思いましたが、そう来ましたかという感じでしょうか。

夫婦の離婚するまでの事情、その後歩んだ人生。小説と割り切らないとつらいものがあります。

j犯人はすぐ捕まるのですが、どうも裏がありそうが・

事件そのものより、なぜその事件が起きたのかという「動機」が焦点になってます。

花恵の父が、犯人として自首して、史也と花恵は、加害者の家族として苦悩します。

史也が樹海にいた花恵を見捨てず、おなかの子も含めて受け入れた事実。親世代では納得いかないでしょう。(事実、史也の母 妙子は、はげしい拒否反応を示していた)

道正は別れた妻の言動を調べ、ある可能性にいきついてしまうという作品でした。中原道正は、ペットの葬儀業者に。小夜子は、さらに犯罪被害者かかわることとなり、「人を殺せば死刑。そうすればその犯人はもう殺人を犯さない」という考えに行きついてしまう。

小夜子が取材対象として接触していた沙織と史也の過去を、小夜子は暴くという。花恵の父は、娘夫婦の幸せを願い、犯罪に手を染めたのでした。

正義感も度を越すと、こういう悲劇になりかねないんだなというのが、正直な感想。今はなくなりましたが、時効にはそれなりの意味があったということも感じました。死刑制度がいいのかどうか、正直わからない。最初の事件で、被告が淡々と死刑を受け入れたことで、被害者家族が苦しんでいる様子も、なんかリアル。

小説と割り切って読まないと、かなりつらいものがある。とはいっても、現実でも悲しいニュースばかり。本当にどうしたらいいんでしょう。

東野圭吾「殺人現場は空の上」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

新日本航空の花のスチュワーデス、通称・エー子とビー子。同期入社でルームメイトという誰もが知る仲よしコンビ。容姿と性格にはかなり差がある凸凹コンビではあるけれど…。この二人が奇妙な事件に遭遇する。昼間、乗務中にお世話した男の妻が、自動ロックのホテルの室内で殺害されたのだ。雲をつかむような難事件の謎に挑む二人の推理はいかに?

このくらいゆるめでないと、読書が娯楽の私には耐えられないんだ。そう実感した作品でした。

東野作品に登場する女性の中では、私の好感度高いほうと思いますね。(一番はしのぶせんせいですけど)

続きがないのが、残念な気分です。

東野圭吾「名探偵の呪縛」

★★


内容(「BOOK」データベースより)

図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は?そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。

続きがあるということで、すぐ読みましたけど、ごめんなさい。なんだかさっぱりわからなかったです。


本格推理もほとんど読まない私にとっては、難しい本だったみたいです。

東野圭吾「名探偵の掟」

★★★


内容紹介

密室トリック、ダイイングメッセージ、アリバイ崩し、バラバラ死体……。ミステリになくてはならない“難事件”に敢然と挑む、知性とヒラメキとユーモアの名探偵・天下一大五郎登場!ミステリを“をかし”の領域にまで昇華させた作者の剛腕におもわず快哉を叫ばずにはいられない痛快連作短篇集!必読です。


おなか抱えて笑いました。「○笑小説」の原点を感じました。そのノリで、「名探偵の呪縛」も借りてきちゃいました。

二時間ドラマ大好きなんで、非常に楽しめました。本格推理小説への尊敬、配慮?も感じましたけど、いわゆる本格推理小説ってどういう作品か知らない私。そういう私がこの本読むの、ブラックユーモアですか??

東野圭吾「おれは非情勤」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

ミステリ作家をめざす「おれ」は、小学校の非常勤講師。下町の学校に赴任して2日目、体育館で女性教諭の死体が発見された。傍らには謎のダイイングメッセージが!一方、受け持ちのクラスにはいじめの気配がある…。盗難、自殺、脅迫、はては毒殺未遂(!?)まで、行く先々の学校で起こる怪事件。見事な推理を展開するクールな非常勤講師の活躍を描く異色ミステリ。他にジュブナイルの短篇2篇を収録。


なんと最初連載が、学研の雑誌。それを考えると、「衝撃的な作品」です。

語り手になる主人公の名前も明かされず、その日常がとてもミステリアス。

ガイド本見ると、これはこれっきりのようです。ちょっとさみしい。

東野圭吾「祈りの幕が下りる時」

★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

       悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。

私が読んだ加賀シリーズの中で、(「赤い指」「新参者」「麒麟の翼」だけでした)ピカイチだと断言できる作品。(でも、そのためには「赤い指」を読んでおかないといけないですが・・・)加賀刑事の私生活、特に両親のことの疑問が一気に解決しました。

物語の舞台や登場人物の仕事などで、震災や原発のことにも触れていただいています。

夢中で読み過ぎたせいか、「ルビーのアクセサリー」で、ハッと思ったのですが、それがなんだったか思い出せないのだ。また、アパートの借りる名義が、どうして越川睦夫だったか経緯って書いてあったか、思い出せません。

謎解き、特に動機にかかわるところは、涙涙です。また、読み終わると、表紙の写真とタイトルの意味に納得。さらに捜査の過程で、証言者に「原発はウランと人間を食って動くんだ」といわせます。「天空の蜂」を以前書いた作者ならでこそ。

以下、物語の真相。

女性演出家、浅居博美の過去。母が家のお金をすべて持って、出た後、父と二人で失踪。失踪先で、博美が横山一成を殺してしまう。(正当防衛と思える事案ですが)父はこれを利用して、横山に成りすまして、自殺したことにする。横山は、原発作業員であった。

この横山が、加賀刑事の母百合子(わけあって家を出ていた)と、仙台で、かかわりを持つという展開。百合子には、綿部と名乗るのです。

博美は夢を叶えて、女優そして、演出家として成功する。父とは接触しないようにしていたが、学生時代の恩師苗村が、彼女を追っかけ、上京。(父は、秘密の発覚を恐れ、苗村を殺害していた)

博美の演出した舞台の会場で、博美の幼馴染押谷道子が、父を見つけてしまうことで、殺害されてしまう。(道子は、博美の母の現在を伝えるつもりでした)

父は、娘に殺されることを望んだ。そして最後に渡したカバンの中には、加賀刑事への手紙が入っていました。

東野圭吾「夢幻花」

★★★

内容紹介

       黄色いアサガオだけは追いかけるな―。この世に存在しないはずの花をめぐり、驚愕の真相が明らかになる長編ミステリ。

東野圭吾さんの理系っぽい作品は、基本パスですが、これは植物?なんで楽しく読めました。

連載の後、加筆修正したようで「原発」に対して、登場人物にいろいろ言わせているのも見事だと思いました。

最初何人も登場して、それがどうなるの~~と、(私群像劇苦手なんで)悲鳴に近いものがありましたが、パズルのピースがはまるように結末を迎えていく展開には、心の底から脱帽します。

ネットで「黄色い朝顔」で検索したら、それなりの写真が出てきました。

家族には、ひとつやふたつ秘密があるんですね。最近NHKの「ファミリーヒストリー」を見ているんで、妙に納得の一冊でした。

★犯人は、最初に黄色い朝顔の種の麻薬性に取りつかれたバンドのメンバー。自殺したのも、その種のせいでした。自殺した孫の要因にうすうす気が付いたため、動機が生まれたという展開でした。

東野圭吾「真夏の方程式」

★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

       夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

ガリレオシリーズ得意ではないんです。最初に読んだガリレオシリーズが、「容疑者Xの献身」だったもんで、こういう路線は、何とか読めます。(理系全く苦手なんで、科学を駆使した謎解きは基本パス!)

ちょうどいい季節に読めました。ラッキーでした。

このシリーズ、ぜひこの路線でいってもらいたいなあ。湯川先生が科学者として、人間の心を探るというのが、かっこいい!

以下ネタバレします。

少年に煙突ふさぐように仕向けて、不完全燃焼をおこすというトリックでした。その小道具は、花火です!

動機は、娘の出生の秘密と彼女が犯した罪を隠すため。殺意がなかったことで、今一つあいまいな形で決着するんですが、ほんとそれでいいの?と悶々と。

読後感は、あんまりよくないけど、世の中単純でないことを少年が理解すること、望みます。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。