ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

本・奥田英朗

奥田英朗「ナオミとカナコ」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の“共犯者”になる。望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追いつめられた二人が下した究極の選択…。「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」復讐か、サバイバルか、自己実現か―。前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。比類なき“奥田ワールド”全開!


地元紙の書評に載ってから、図書館で大人気の作品でした。

夫のDVに悩む友人を不法手段で救うという話ですが、中年女には気がめいる作品でした。こういう女の人書かせると、この作家さん抜群だと思います。どの程度取材したのかなあ。

直美が、夫の暴力に耐える母親の目つきを「小動物のようにおびえた」とたとえて、嫌っている描写に心が乱れました。在日中国人のこと、こんなふうに書いちゃっていいんでしょうか? またデパートの外商って、庶民には縁がないんで、そのあたりもとても興味深く思いました。

以下本の内容に触れ、思いっきり書きます。


…………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一応最後日本から脱出できそうな展開で終わるのだが、刑事ドラマの見過ぎか、どうしてもいろいろな場面が思いうかんでしまう。加奈子の部屋の家宅捜索、彼女らの身辺の聞き込み、買い物の足取り、携帯の履歴確認、マスコミの報道・・・杉下警部の「やっていい犯罪なんて、この世に存在しないんです!」の一喝。


さらに追記・・・・

義理の妹陽子が、加奈子に迫るシーンがすごかった。すぐ自殺しろと・・・
加奈子が逮捕され、兄の暴力が法廷で明らかにされるのが、耐えられないと。盗聴器も使い、ヒロインたち以上にすごい存在だったです。

奥田英朗「野球の国」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

「一人旅は思いがけず楽しかった。/アローンだがロンリーではなかった。一人でどこにでも行けた」この小説家に必要なもの、それは―野球場、映画館、マッサージ、うどん、ラーメン、ビール、編集者、CPカンパニーの服…そして旅。沖縄へ、四国へ、台湾へ。地方球場を訪ね、ファームの試合や消化試合を巡るトホホでワンダフルな一人旅。珠玉の紀行エッセイ


10年以上まえの設定なんで、選手の名前など、それなりのものを感じますが、野球に対する情熱はすごいと思いました。

それ以上に気になったのは、作家さんの日常です。プロットを考えずに執筆始めるって、ほんとですか?天才ですか?また、書きあがったのに頭抱えた作品ってなんだろう?天王洲アイルは、その当時よりずっと便利になったと思いますが、今も住んでいらっしゃるのかなあ。

奥田英朗「噂の女」

★★★


内容紹介

美幸って、知っとる? この町のどこか夜ごと語られるは彼女にまつわる黒い噂──。町で評判のちょっと艶っぽいイイ女。雀荘のバイトでオヤジをコロがし、年の差婚をしたかと思えば、料理教室で姐御肌。ダンナの保険金を手に入れたら、あっという間に高級クラブの売れっ子ママに。キナ臭い話は数知れず、泣いた男も星の数――。美幸って、いったい何者? 愛と悲哀と欲望渦巻く人々を描く、奥田節爆裂の長編小説。


連作短編になっているのですが、長編といってもいい作品。

悪い女が登場します。糸井美幸っていう、とんでもない女です。でも彼女の視点は全くなく、周りの人物に語らせるものでした。大昔読んだ、有吉佐和子の「悪女について」を思い出しました。

ワイドショーもびっくりの、すごい言動の連発。特に睡眠薬調達に、自分の手を染めないところが、リアルあるなあ。

続きも知りたい気がするけど、どうなんでしょう。

大金もあっという間に使い切り、海外でホームレス?なんていかが?

奥田英朗「沈黙の町で」

★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。屋上には五人の足跡が残されていた。事故か?自殺か?それとも…。やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、同級生二人が逮捕、二人が補導される。閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、静かな波紋がひろがっていく。被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇サスペンス。

基本再読したくない作品には、★5つつけないのですが、これはぜひ皆さんに読んでほしい作品なんで、こういうふうにしました。

私この小説、連載で読んでいました。そのころの感想は、→

震災後の5月から、一年を超える連載でした。まとまった本を読むのは、正直きつくて、楽しい本と並行読みしました。事実、一回で、一章分以上、読めなかったもの。連載で読んだ当時、いじめられっ子に「ちゃまお」というあだ名がついて、残酷だなあと思ったけど、このちゃま夫の描写があまりにリアルで、小説だから許されるけど、ノンフィクションなら「名誉棄損」になるほどの内容でした。

いじめはいけない、いじめられっ子は悪くないと頭でわかっているつもりですが、このちゃま夫の行動を見ていると、それが単なる理想論だとわかります。少しも好きになれないちゃま夫の言動を通じて、読者の心が試されているようでした。本書にもありますが、食物連鎖のように、加害者になったり、被害者になったり、簡単に攻守入れ替えしてしまうのです。

私が一番気になった生徒は、安藤朋美でした。ソフト部での先輩からの嫌がらせ、よく頑張りました。仮病を使って、そのいじめから逃れるなんて、ありそうです。

学校と警察の対応が、根本的に違うことも、小説を通じて、わかった気がします。捜査の段階で、傷の数と加害者の人数を照らし合わせる場面がありました。

それでも、命にかかわるような行動は、絶対いけないこと。作者の言葉を借りれば、「人が一人死ぬということは、かくも大変な出来事」だということ、どの立場でも理解すべきです。

学校、警察、加害者、被害者、新聞記者などいろいろ登場する群像劇です。ぜひお読みいただいて、感想を共有いだだきたいと思います。

★終わり方が印象的です。作者が連載終了後、「裁くつもりも、結論もない」と原稿を寄せていました。

奥田英朗さんの新聞小説、終わりました

「沈黙の町」が、連載終了しました。一年二か月にわたる長期の連載でした。

私は新聞小説を読むのが好きですが、そのパターンはいくつか分かれます。

☆全く読まない

☆読み始めるけど、いつのまにか読まなくなった

☆とぎれとぎれでも読み続けて、本になってまた読む。連載の時と印象が変わる

☆それなりに読んで、本になってから、また読むけど、連載の時と印象同じ。

☆連載時から熱中。本になってもお気に入り。

・・・くらいのパターンに分かれるかと思います。

今回「それなりに読んだ」というパターンかと思います。でも、でも終盤熱中しました。

この小説の舞台はある町のある中学校。転落のため中学生が死亡。いじめなのか?ちがうのか?現実にも同じような事件が起こり、目が離せませんでした。

この小説を読んで、感じたこと、いくつか。

中学生の友人関係は、大人が思っているほど単純ではないこと。この小説では、いわゆるいじめられ中学生が、女子に対して、高圧的な態度にでる展開がありました。

また親も子供の一面しか理解していないこと。自分自身を含めて、感じます。また子供も親に知ってほしくない一面を持っていること。

学校も一枚岩でないこと。(生徒に作文を書かせる、部活の活動に参加させないなど、遺族家族からの要求に、学校内でも意見が割れる様子の描写がありました)

あまりにリアルで、朝からなんだかなあと気持ちになりましたけど、それぞれの登場人物の心理描写が素晴らしい傑作になると思います。

奥田英朗「純平、考え直せ」

937番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

坂本純平、21歳。新宿・歌舞伎町のチンピラにして人気者。心酔する気風のいい兄貴分の命令は何でも聞くし、しゃべり方の真似もする。女は苦手だが、困っている人はほうっておけない。そんな純平が組長から受けた指令、それは鉄砲玉(暗殺)。決行までの三日間、純平は自由時間を与えられ、羽を伸ばし、様々な人びとと出会う。その間、ふらちなことに、ネット掲示版では純平ネタで盛り上がる連中が…。約一年半ぶりの滑稽で哀しい最新作。

歌舞伎町が舞台。チンピラ?ヤクザ修行中の純平が主人公。

いいやつなんだけど・・・・気持ちと行動があまりにアンバランス。ネットの掲示板で、あれだけ盛り上がるかなあ?

★今新聞連載のこの作家さんの小説読んでいます。まとまってからまた読むつもりですが、私としてはこの作家さんらしい、いい出来の作品になると思ってます。だから、ついつい比較してしまった。どなたか読んでませんか?朝日新聞連載の「沈黙の町で」

奥田英朗「港町食堂」

931番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

旅はいい。感じる風がいつもとちがう。ただし、わたしは無精者である。誰かに背中を押してもらわないと出かけられないのだ―。旅雑誌の企画に乗り、さまざまな港町を船で訪れることになった作家・奥田英朗。その行く手には、美女と肴と小事件が待ち受けていた!土佐清水、五島列島、牡鹿半島、佐渡島、ちょいと足を伸ばして釜山。笑い、毒舌、最後はしみじみの、寄港エッセイ。

とても面白いエッセイでした。エッセイというか、紀行文でした。港町へ、船で入る。たとえ遠回りでも。魚料理に舌鼓、地元の酒場でおかみや女性と交流。

この作家さんが書く小説で、女性陣の書き方が、するどくていつもうなっていたのですが、このエッセイによると、どうもひとり暮らしの模様。ホントですか?物書きって、なんでも見てきたように書くのね。

牡鹿半島の章には、釘づけでした。震災前の鮎川、女川のようすが鮮明に書かれています。町並みは壊滅したけど、おいしい魚料理は、食べられますよ。ぜひぜひもう一度、いらしてください。

女川原発を遠目で見た印象が、納得。これ以上書くと、ブログ炎上の可能性あるので、やめときます。

奥田英朗「我が家の問題」

880番 ★★★★

内容紹介

平成の家族小説シリーズ第2弾!
完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ましい6つのドラマ。

なんとも身につまされる短編集だった。男の本音、女の本音、子供の本音、満載である。この作家さん、どうしてここまでわかるの?って作品、よく書いています。

個人的には「妻とマラソン」に、感激。夫は作家さん。もしかして、作家さん自身のことって、疑ってしまうくらい、すべてがリアル。

達成感を求めて、マラソンにはまる妻。夫は、彼女が理解できないのですが、編集者へいろいろ聞いてみる。ここらへんの会話に爆笑してしまった。クライマックスは、妻の東京マラソン参加。来年の東京マラソン中継は、沿道もよく観察してみよう。この作品のような家族を、見つけるため。

奥田英朗「空中ブランコ」

682番 ☆☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。

以前ハードカバーで読んだので、実質再読。その時の記録は、こちらへ☆ 

これ直木賞作品でした。

跳べない空中ブランコのり。 とがったものが怖いヤクザ。 妻の父のヅラが気になる医者。 イップスのプロ野球選手。 心因性の嘔吐症の女流作家。とにかく愉快愉快! その主治医として登場する伊良部先生。看護婦のマユミ。この二人が、ぶっ飛んでいる!

女流作家が、過去作品が気になって仕方がないっていう設定。あまりにリアルすぎます。対談の場面も・・・ 最後に読者の存在に気がつくなんて、うるっとする結末でした。

空中ブランコ (文春文庫) Book 空中ブランコ (文春文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

奥田英朗「オリンピックの身代金」

629番 ☆☆☆☆

二段組みで500ページ超える作品。読み応えのある内容でした。

時代は昭和39年、そうです。東京オリンピックのあった年です。東大の大学院生、島崎国男が、主人公です。

タイトルは、そのものずばりでした。オリンピックという国家の一大行事を、人質にするという犯罪行為を描いていきます。

こういう経緯に至った、そのものの流れが私として、一番心に残った場面でした。日雇い労働でのピンはねや、いかさま賭博で巻きあげられたり、東京という名の大都会の工事現場の現実。貧しさで、心まで卑屈になっている農村の現状。出稼ぎに行っても、必ずしもうなくいかない過酷な日々や、崩壊していく家族。

主人公に共感するわけにはいかなかったけど、愛嬌のあるスリの村田が、いい味出していました。

東京オリンピックの記憶はありませんが、その時代にタイムスリップするような錯覚をしました。その当時の若者言葉など、登場します。

オリンピックの身代金 Book オリンピックの身代金

著者:奥田 英朗
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。