ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

本・宮部みゆき

宮部みゆき「荒神」

☆☆☆


あらすじ・内容
時は元禄の半ば、東北小藩の山村が、一夜にして壊滅状態する。
隣り合う二藩の反目、奇異な病を巡る騒動など不穏さ渦巻くこの地に、その"化け物"は現れた。
藩主側近・弾正と妹・朱音、朱音を慕う村人と用心棒・宗栄、山里の少年・蓑吉、小姓・直弥、謎の絵師・圓秀……
山のふもとに生きる北の人びとは、突如訪れた"災い"に何を思い、いかに立ち向かうのか。
そして化け物の正体とは一体何なのか——!?
その豊潤な物語世界は現代日本を生きる私達に大きな勇気と希望をもたらす。
著者渾身の超大型時代エンターテインメント!

新聞連載を読み始めたのですが、挫折。購読もやめてしまったので、(あの問題とは関係ありませんけど、念のため)リベンジの心境です。

私の苦手な時代物、群像劇、ファンタジーと揃ってしまって、はじめのうち読み始めたこと後悔しました。でも、やっと物語の本質に入ったとき、とんでもない世界に迷い込んでしまったことに気がつきました。

朱音と兄の生き方、どうにかならなかったのか・・・と思っています。「化け物」に関する描写が、素晴らしいけど、こういうおどろおどろしいもの苦手です。

作者の懐の深さに脱帽です。

宮部みゆき「ペテロの葬列」

★★★★

おすすめ本ですが、「誰か」と「名もなき毒」を読まないと、魅力半減です。

内容(「BOOK」データベースより)

今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!あの杉村三郎が巻き込まれる最凶最悪の事件!?息もつけない緊迫感の中、物語は二転三転、そして驚愕のラストへ!『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ待望の第3弾。

以下ネタバレ満載です。


アマゾンレビューやマイミクのときわさんより、衝撃の結末と知ってしまい、ラスト一読。へえ~~の連発。あのお嬢様、あの原田いずみ(名もなき毒に登場)といい勝負の、「破滅型」だった・・・

まず「バスジャック」そのものが、どう考えても謎だらけ。お金ではなく、ある人物を連れてこい(3名) 慰謝料を払うと予告する犯人。

その謎が全く解決されないうちに、編集部のゴタゴタ(井出という、いわくつきのメンバー登場) 本当に宅配便で慰謝料の現金が届いたり また、バスジャックの時、いつもの編集長と全く違う反応を示した園田さん。

このあたりの謎解きでお話が進みます。

お金の出所に「マルチ商法」が絡んでいるらしいことがわかり、バスジャックの被害者もそのメンバーだったり(加害者でもあり、被害者でもある) 最後、バスジャックの被害者の一人が、またバスジャックを起こすという展開でした。彼もマルチ商法の被害者でもあり、加害者でもある。

犯人の謎。名前もいくつか使いこなし、仲間と組んで、マルチ商法を指導?した。幼馴染にお金のこと託したという、この辺りはちょっとおとぎ話かも。

また、井出は最後、元重役の森氏の死を受け入れず、さらに破滅的行動で、お嬢様の秘密を暴露。杉村一家を崩壊させた。

このお嬢様の言動が、もう支離滅裂で世間知らずもここまで来ると笑える。

最後、会長の言葉が一言一言重かったです。会長、後ろめたさもあり、娘に甘かったんでしょうか?女は怖いといわせましたけど、人間って本当に恐ろしい・・・

宮部みゆき「模倣犯」

836~7番 ★★★★

出版社 / 著者からの内容紹介

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。そして被害者宅やテレビの生放送に向け、不適な挑発を続ける犯人――。が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、「殺人の記録」が発見される、事件は解決するかに見えたが、そこに、一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。死んだ男の正体は? 少年と老人が辿り着いた意外な結末とは? 宮部みゆきが“犯罪の世紀”に放つ、渾身の最長編現代ミステリ。

行きつけの図書館が、臨時閉館するので、少し長めのをと思い、再読しました。

上巻は、とにかく話に救いようがなく、ため息ばかりついていました。下巻の後半、なんとか盛り返しました。

一度読んでいるはずなのに、あまりの忘れ方に、自分自身茫然としました。初めて読んだときは、思いもしなかった不快感。今回特に感じました。自分勝手な登場人物の数々。犯人、自分を心配してくれる幼馴染を貶める行為。また、樋口めぐみ・・・存在すら忘れてた、自分勝手な女。

そんななかで骨のある、被害者の祖父有馬義男のセリフに、しびれました。

模倣犯〈上〉 Book 模倣犯〈上〉

著者:宮部 みゆき
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

模倣犯〈下〉 Book 模倣犯〈下〉

著者:宮部 みゆき
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮部みゆき「小暮写真館」

754番 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。ようこそ、小暮写眞館へ。3年ぶり現代エンターテインメント。

彼女の書き下ろしで、長編ということで楽しみにしてました。家族の会話、高校生同士の会話、いきいきとした内容で、それはよかった。

でも、私として「心霊写真と思われる写真の謎を解く」というのが、楽しめなかったです。それがなくても、十分成り立つ作品だったように思うのですが。

主人公の高校生英一、両親の秀夫、京子、弟の光(ピカ)。英一の同級生たちも、いい味だしてました。両親が、英一の妹風子を亡くして、実家と絶縁というのには、賛否あるかもしれません。不動産業者の事務員、垣内さんがらみのお話は、親世代として、きつい面がありました。

小暮写眞館 (100周年書き下ろし) Book 小暮写眞館 (100周年書き下ろし)

著者:宮部 みゆき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」

701番 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

念願の新居に引っ越した僕たち家族は、いきなり隣家の犬・ミリーの鳴き声に悩まされることになった。僕と妹は、仲良しの叔父さんと手を組んで、ミリーを誘拐することにしたのだが―。宮部ミステリのエッセンスをぎゅっと詰め込んだ、デビュー短編、「オール讀物推理小説新人賞」を受賞した表題作を含む、第一作品集

北村薫さんの本で紹介されてた本。これで「オール読物新人賞」を、獲得したとのこと。

やっぱり表題作がよかった。今人気作家だし、特別びっくりしないけど、発売当時読んだら、すごい作家さんがでたと思うことでしょう。「この子誰の子」も、よくできていましたし、現実的にありそうな話でした。

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション) Book 我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)

著者:宮部 みゆき
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮部みゆき責任編集「松本清張傑作短編コレクション 上」

683番 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

清張ファンを自認する宮部みゆきが巨匠の傑作短篇を選びに選び、全てに解説を付けた。上巻はミステリ・デビュー作「恐喝者」の他、宮部いち押しの名作「一年半待て」「地方紙を買う女」「理外の理」や、「或る『小倉日記』伝」「削除の復元」の鴎外もの、斬新なアイデアで書かれた「捜査圏外の条件」、画壇の裏面を描く「真贋の森」等を収録。

カテゴリーを宮部みゆきにするか、ちょっと悩むところですが、彼女の松本作品へのこだわりを感じる文章がありましたので、ここでくくります。

本書には、いわゆるミステリーのほか、森鴎外の小倉時代のことを書いた作品、あと昭和史研究がおさめられています。

申し訳ない!いわゆるミステリーは面白く読んだけど、それ以外はほとんと斜め読みでした。彼女イチオシの名作「一年半待て」には、もうびっくり。女はこわい!でもそうさせるのは、男のせいです!「地方紙を買う女」もよかったです。

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫) Book 松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆あと中巻、下巻とあるんですけど、悩むところです。割り切ってミステリーだけ読むかな?

宮部みゆき「理由」

300番 ☆☆☆☆

キリ番なので、再読シリーズです。

何年かぶりに読んだけど、自分の記憶のあいまいさに絶句sad

登場人物ほとんど忘れていました・・・・

唯一覚えていたのは、小糸一家だけ・・とは我ながら情けない。

それはともかくあらすじ

タワーマンションの一室に3人の死体、ベランダから落ちたと思われる

もう一人の死体。

一家四人殺害と思われたこの事件には、大きな裏がありました。

まず殺されたのは、持ち主の小糸一家と思われましたが、

小糸一家は、ローンで破綻していたのです。

どうも殺されたのは、占有屋といわれる人たちらしい

これも家族じゃない人たちの寄せ集めらしい。

未婚で母になった宝井綾子。

子供の父親の八代祐司が、どうも関係あるらしい。

綾子と事件の関係は?

裁判所の競売で、このマンションを買った石田直澄。

事件後、ゆくえが知れない彼は、事件の犯人なのか?

石田の存在に気がついた、簡易旅館片倉ハウスの人たちは、

どうするのか??

「身の丈にあった生活をしなければいけない」ってこと、

いまさらながら思いました。

やっぱりこの事件は、小糸一家がきちんとしなかったから・・・って

想いがますます募ります。

また、家族ってなんだろうって・・・八代祐司の生い立ちが気になって

しょうがありませんでした。

理由 Book 理由

著者:宮部 みゆき
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宮部みゆき「楽園」

236番


表紙右脇のしみ・・・・デザインだったのですね。
自分が汚してしまったのかと思い、真っ青でしたげっそり

さて本題。
面白いですねえ。「模倣犯」の取材で、精神的にダメージを受けた滋子が、萩谷敏子から、不思議な依頼を受けることから、始まる物語。

疑問が多数。下巻で一気に解決するのでしょうか??

滋子のトラウマは、どこまで回復するのでしょうか??
敏子の息子、等の特別能力は、どういったものなのでしょう??
等の事故は??
茜はどうして両親に殺されたのでしょうか??
茜の妹、誠子は一連の事情を受け入れることができるのでしょうか??
そして、格子窓の不思議な家は、物語でどんな役割なのでしょう??

下巻に続きます。

237番

疑問はかなり解決しました。
以下内容に触れます。
感想を先に書きます。
ジグソーパズルのような話が、一気に繋がっていく様子。作者のお得意の分野。
個人的には、「名もなき毒」のほうが好きですね。
はちゃめちゃな茜については、間接的な描写より、
ストレートに書いてほしかった。
真実は時に人を傷つける・・・知らなかったほうがいい場合もあるのは確か。でも誠子は真実を知り、もがきながらも暮らしていくしかないのだというのが、私の結論です。
例の事件のその後も触れられていました。「模倣犯」を再読したいけど・・・あのボリュームですよねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)











滋子は少しずつ自分を取り戻している・・・
等は確かに特殊な能力があった・・・
(母にも少しあった・・・)
土井崎夫妻は確かに茜を殺した・・・
一連のことは、誠子は「自分のためにしたこと」と
納得しているようもがいている。
そして格子窓の家は、物語で重要な役割をしている。
茜の「オトコ」のシゲの住まいだった。

ほっそ
236  楽園(上)

237  楽園(下)  宮部 みゆき著

  レビューへどうぞ。
  コメントは↓へお願いします。
「身内のなかに、どうにも行状のよろしくないものがいる。世間様に後ろ指されるようなことをしてしまう。挙句に警察のご厄介になった。そういうものがいるとき、家族はどうすればよろしいのです?そんな出来損ないなど放っておけ。切り捨ててしまえ。前畑さんはそうおっしゃるのですか?」
物語のなか、二回でてくるこのセリフ。一回目は場面で、二回目は回想として。

一番こたえたセリフでした
失恋
2007年11月01日 22:26
パートママ
ほっそさん、きっとグッド(上向き矢印)の文章がこの小説のキーワードなのでしょうね。
一緒に立直りたいと思いながらも思い通りにならないとき、どうしたらよいのでしょうね。
「名もなき毒」は未読です。読みたい本がたくさんあって追いついてません。
2007年11月02日 14:17
ほっそ
コメントありがとうございます。

私としては「名もなき毒」のほうが好きです。
はちゃめちゃな登場人物が出てきて、
作者がそれをリアルに描写しているから。

でも精神的にこたえたのは、この作品でした。
↑のセリフはほんとにまいりました。

hito

「楽園」
早く読みたいと思いつつ・・未だ購入に至っていません~でも、ほっそさんの抜粋している台詞を読んで、読みたい読みたいがムクムク~
やっぱり買う!
2007年11月07日 13:48
ほっそ
hitoさん、ありがとうございます。


「楽園」は図書館で約二ヶ月待ちでした。
宮部作品は現代物のほかは苦手なのです。
「名もなき毒」や「模倣犯」のほうがインパクト強いですねえ。
「ろくでなし」の茜が出てくるのですが、
間接表現でいらいらしました。
こういう人物は、ぜひ作者のペンで勝負してほしかったです。

宮部みゆき「名もなき毒」

113番 ☆☆☆☆☆

途中からとはいえ、連載時から読んでいたということで「思い入れ」も含めて私としては★5つです。
主人公杉村三郎の職場でのトラブルメーカー、原田いずみ。
古屋母娘をまきこんだ、毒殺事件。
土壌汚染やシックハウス症候群。
その他探偵の北見、ジャーナリストの秋山など多彩な人物が登場して、事件の真相が少しずつ明らかに・・・
毒殺事件は意外な人物が犯人でした。そして原田いずみは・・・
ラスト杉村がこのあとの展開を予想させるような・・・  また妻菜穂子の一族との関係も少しずつ変化していきます。
連載時一番のめりこんだのは、「原田いずみの父親が今までのいきさつを語る」の場面でした。そして今回も同様でした。「赤い指」でだらしがない親を見ていただけに、感慨がありました。


chii > おはようございます。この本、図書館に予約しました。ほっそさんの★5つでますます嬉しいです。 (2006/11/22 09:59)
ゆんゆん > 私も予約中です。高評価でいらっしゃるので楽しみです。その前に「誰か」を再読せねば・・・ (2006/11/22 11:17)
ほっそ > chiiさん、ゆんゆんさん、レスありがとうございます♪
chiiさん、私も図書館で2ヶ月まちでした。本プロで他の方の日記が更新されるたびに、イライラが募りました? また私の★5つは「思い入れ」の部分が多いと思います。あの真面目な父親の娘が超破滅型の原田いずみ。これだけで充分です。
ゆんゆんさん、確かに「誰か」の続きですから、さっとでも読んでおくといいと思います。私も本プロのかたのアドバイスで読みました。梶田姉妹と原田いずみは似たもの同士に見えたのですが・・・ (2006/11/23 09:20)

宮部みゆき「誰か」

94番 ☆☆☆☆

現在「名も無き毒」予約中。さくらさんが「誰か」を再読すればよかったとのコメント。読んでない私は読むしかありませんね。
私にとっても久しぶりの現代ミステリーの宮部作品。「模倣犯」「火車」「理由」など読んだことを思い出します。
主人公は私「杉村三郎」で、妻菜穂子の父今多嘉親は、今多コンツエルンの会長。
会長から、ある相談事を持ちかけられます。自分の運転手をしていて最近自転車と衝突してなくなった梶田氏の件でした。娘たちが父親のことを本にしたい希望を持っているとのこと。
杉村が梶田姉妹の姉聡美、妹梨子のふたりとかかわっていきます。父親の事故の真相と、父親が最期まで隠し続けた聡美が四歳のときの出来事を探り始めます。
そしてラスト意外な展開が・・・・
この意外な展開が仰天でした。梨子の性格は破滅型で、「名も無き毒」に出てくる「原田ゆかり」に通じるものがありますね。ますます「名も無き毒」が楽しみになりました。


さくら > 私はかなり記憶があやふやです~。そのうち再読して・・と思っているのですけど~。
印象だったのは、杉村の生き方です。卑屈にならずに真っ直ぐに歩いているその姿勢に打たれました。 (2006/09/16 16:32)
ほっそ > さくらさん、レスありがとうございます♪
杉村氏は好青年? 夫としてはかなり理想的だと思います。
それより破滅型の梨子・・・ それに対してキバをむかない姉聡美・・・ どちらも理解不能のキャラクターですが、設定としてありえるからワクワクでした。 (2006/09/16 18:52)
kanakana > これは泣きました。。。姉の聡美が可哀想で。。。 父親の秘密を探るだけのミステリーかと思って読んでいたら、やっぱり宮部みゆきは違いますね。姉妹の心の奥底までしっかり描いているんだもん。やられたって感じでした。 (2006/09/18 22:55)
ほっそ > kanakanaさん、レスありがとうございます♪ 私も最後に書かれていた姉妹の顛末には、ただため息。杉村氏も着メロで気がついたなんて、やるじゃない! 聡美には「婦人公論」の読者体験記でも書かせてみたいです? 自分を大切にしてほしかったです(T_T)/~~~ (2006/09/19 12:48)
ゆんゆん > 「名もなき毒」は続編になるのですよね。とても楽しみにしています。わたしも「火車」はゾクゾクしたことを思い出します。それに比べてこの本は雰囲気の異なるものと記憶しているのですが・・・杉村氏には何となく爽やかさを思った私です。姉妹はラストで吃驚しました。 (2006/09/25 14:53)
ほっそ > ゆんゆんさん、レスありがとうございます。
私も梶田姉妹は理解不能です。逆にキャラクターとして、発想した作者に脱帽でした。私も「名もなき毒」を早く読みたいのですが、図書館の都合でいつになることやら・・・昨日の朝日で作家の重松清さんが、この作品絶賛してました。
でも最近のニュースで出てくる犯罪者って、ほんとに破滅型。自分のしたこととその結果に対して、想像力がないというか・・・ (2006/09/25 18:25)

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。