ブログパーツ

  • ほっその今読んでる本

最近のトラックバック

本・今野敏

今野敏「宰領 隠蔽捜査5」

★★★

内容紹介

       大森署署長・竜崎伸也、今度の相手は「要人誘拐」そして「縄張り」――。大森署管内で国会議員が失踪した。やがて発見された運転手の遺体、犯人と名乗る男からの脅迫電話。舞台は横須賀へ移り、警視庁の“宿敵”神奈川県警との合同捜査を竜崎が指揮することに。県警との確執、迷走する捜査、そして家庭でも予期せぬトラブルが……全ての成否は竜崎の決断が握る! 白熱度沸点の超人気シリーズ最新長篇

楽しみにしているシリーズ。第5弾になりました。

ちなみに第1弾の感想・・・・こちら

第2弾の感想・・・こちら

第3弾の感想・・・こちら

スピンオフ3.5弾・・・こちら

第4弾の感想・・・こちら

警視庁と神奈川県警って、本当に仲が悪いのかな?今回も面白く読ませてもらいました。

竜崎氏と伊丹氏の会話が、とにかく面白い。また、竜崎の私生活のほう、気にしていたのですが、今回長男が大学受験へ!奥さんの病気、よくなったみたいでそのあたりの記述がなかったので、ほっとしました。

犯人は、ボートの持ち主の息子でした。でも、彼は操られただけ。このあたりの一ひねりが、このシリーズの好きなところ。実際は、国会議員と秘書が、運転手の殺害を企て、一芝居打ったというわけでした。

今野敏「欠落」

★★★

内容紹介

 

SITに配属になった同期の女刑事が、身代わりとして監禁事件の人質になった――。警視庁捜査一課の刑事・宇田川は、別の殺人事件を追いながらも、彼女の安否が気にかかる。自らが関わる事件は、公安主導の捜査に変わっていき、宇田川は姿を消している元同期、蘇我との連絡を試みるが……。20万部突破、今野敏の集大成的警察小説『同期』のシリーズ第2作。この組織には、刑事によって解決されるべき謎がある。

「同期」の続編。「同期」の記録は、

宇田川と同期の蘇我の話は、第一作。今回は女性刑事大石が加わります。

読みやすくて、読みやすくて、サクサク進むのでした。これって、ドラマあるのかなあ。個性的なメンバーが多いので、脳内で勝手にキャスティングするのも楽しかったです。

警察内部での対立も、こういう読みものなら何とか許せるかな。本当の公安の仕事って、表に出にくいものなんで、小説の中で楽しませてください。

今野敏「同期」

★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

懲戒免職になった同期の公安刑事が、連続殺人の容疑者に。「教えてくれ。おまえはいったい何者なんだ」男たちの前に立ちはだかる最も高い壁―組織の論理。その壁を突破するのは、刑事たちの誇りと絆。現時点での集大成ともいえる最新警察小説、登場。

この本の続き、「欠落」が出たことを新聞広告で知り、まずはこちらから読まないと。

主人公宇田川が、同期の蘇我(上にある公安刑事)の身の上を心配することで、展開する物語。面白かったです。「欠落」も楽しみです。

いつの間にか、宇田川がボンと呼ばれる成り行きも楽しいものでした。刑事さんって、こういう風に成長するんだなってことが、わかりました。

裏社会の超大物と一対一で会う場面には、ドキドキ。また、コンビを組む別の刑事さんも、なかなか魅力的でした。

今野敏「転迷 隠蔽捜査4」

956番 ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

 

相次いで変死した二人の外務官僚。捜査をめぐる他省庁とのトラブル。そして娘を襲ったアクシデント…。大森署署長・竜崎伸也に降りかかる難問の連鎖、やがて浮かび上がった驚愕の構図。すべては竜崎の手腕に委ねられた!極限の緊迫感がみなぎる超本格警察小説シリーズ最強の新作

非常に楽しみにしているシリーズです。第4弾になります。

ちなみに第1弾の感想・・・・こちら

第2弾の感想・・・こちら

第3弾の感想・・・こちら

スピンオフ3.5弾・・・こちら

竜崎の家族の身辺も気になるところ。今回は長男の出番より、長女の出番が多かったです。(長男君、元気にしているのかな?)

他省庁とのトラブル。外務省やら、厚生省の麻薬取締捜査など、リアリティ満点でした。そして、落としどころも納得。テレビでいうと「相棒」の雰囲気かも。

刑事局長の名前が、「伊丹」なんで、ついついテレビで見る伊丹課長の映像が脳内イメージとして、ちらちら・・・映像化の予定なんて、あるんでしょうか?

今野敏「リオ」「朱夏」「ビート」

873~5番 ★★★

   内容(「BOOK」データベースより)「リオ」

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が目撃される。第二、第三の殺人が都内で起こり、そこにも彼女の姿が。捜査本部は、少女=リオが犯人であろうという説に傾く。しかし、樋口の刑事の直感は、“否”と告げた。名手が描く本格警察小説。

内容(「BOOK」データベースより)「朱夏」

あの日、妻が消えた。何の手がかりも残さずに。樋口警部補は眠れぬ夜を過ごした。そして、信頼する荻窪署の氏家に助けを求めたのだった。あの日、恵子は見知らぬ男に誘拐され、部屋に監禁された。だが夫は優秀な刑事だ。きっと捜し出してくれるはずだ―。その誠実さで数々の事件を解決してきた刑事。彼を支えてきた妻。二つの視点から、真相を浮かび上がらせる、本格警察小説。

内容(「BOOK」データベースより)「ビート」

警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

三冊まとめて読みました。この作家さん、作品数がとにかく多くて、どれから読んでいいのか、さっぱりわかりません。読書メーターで調べて、この樋口刑事シリーズを読むことに。

「隠蔽捜査」の竜崎とはまたちょっと違うのですが、人間臭いところ見せてくれます。

「リオ」では、重要参考人のリオに対して、魔法をかけたみたいに、彼女の口を割らせる場面がありました。

加速度つけて、おもしろくなっていった。樋口の相棒の氏家さんも、ユニークな存在です。樋口の家族、奥さん、娘さんも、素敵な存在。彼女たちへの素直な感情も、好感度アップですね。誘拐されたのに奥さん、冷静すぎる・・・これぞ刑事の妻の模範!

個人的には「ビート」が、好き。ダンスは特に好きではないけど、島崎の苦悩がリアル。我が家と家族構成も似ているので、小説と思えないものがありました。樋口の観察力、鋭すぎます。

今野敏「初陣 隠蔽捜査3.5」

769番 ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)

警視庁刑事部長・伊丹俊太郎と大森署署長・竜崎伸也。幼馴染にして立場の違う同期のキャリア。組織の壁に悩む伊丹の苦境を竜崎の信念が救う―。

連作短編集。シリーズ3冊読んでいれば、120パーセント楽しめる作品でした。逆にこれ読んでから、シリーズというのもありかもしれません。

最新シリーズ「疑心」に出てくる女性、キャリアの畠山美奈子の登場の裏には、こんな事情があったのか!インフルエンザがはやるこの時期、「病欠」がおもしろい。危機管理の基本を学んだように思いますね。

続きも楽しみです。別の作品も読もうかと思ってます。

初陣 隠蔽捜査〈3.5〉 Book 初陣 隠蔽捜査〈3.5〉

著者:今野 敏
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今野敏「隠蔽捜査」

767番 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る―。互いに自らの正義を主張するキャリアとキャリアの対立。組織としての警察庁のとるべき真の危機管理とは。

2と3を読んでいて、いまさらですが・・・読みました。面白かったし、2と3のこと、理解できたように思います。息子の犯罪行為を見た竜崎の態度。結果的に立派だったと思います。

竜崎の本音満載されていますが、そんなに反感を感じなかった私。立派に仕事しているからこそだと、思います。実は3.5という主人公の幼なじみで、同期のキャリア伊丹目線のも、今手持ちです。

伊丹っていうと、ついつい「相棒」のあの方のイメージがわいてきます。今日徹子の部屋で、「相棒」の4名さま(伊丹さん、米沢さんなど)登場してました。伊丹さんって、独身だったのね。私生活のほう。この本の伊丹は、「家庭内離婚」状態です。

隠蔽捜査 Book 隠蔽捜査

著者:今野 敏
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今野敏「疑心」

739番 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

キャリアながら息子の不祥事で大森署署長に左遷された竜崎伸也。異例の任命で、米大統領訪日の方面警備本部長になった彼のもとに飛び込んできたのは、大統領専用機の到着する羽田空港でのテロ情報だ―。

警察のキャリア竜崎伸也のシリーズです。第一シリーズが、読めないでいますが、3がでているので、もうこちらから・・・

奥さんの病気も落ちついているみたいで、安心しました。

今回、彼を悩ませる問題が、彼らしくない問題なので、とてもかわいらしく?思いましたね。安心して読んでいいんでしょうか?今回相談相手になる伊丹。昔のいじめっ子ということで、最初から出ているみたいです。伊丹という名前ゆえ、ついついあの「相棒」のイメージがちらちら。

今回はアメリカ人と衝突する。日米の文化の違いを見るようで面白かったです。警備って、一般人が想像するよりずっと大変なんってこと、実感しました。

疑心―隠蔽捜査〈3〉 Book 疑心―隠蔽捜査〈3〉

著者:今野 敏
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今野敏「果断」

707番 ☆☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は。警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。襲いくる様々な圧力に竜崎は打ち勝つことができるのか
多分はつものです。なんかの短編集で読んだかな?年末のランキングでも上位の結果、納得の作品でした。
この主人公の竜崎が、なんとも魅力的でリアル・・・家のこと、奥さんに任せっきりの様子が、逆の意味で親近感を覚えました。この話の「前段階」が読みたくなる私でした。続きもあるみたいですしsun 奥さんの病気も心配なので。

果断―隠蔽捜査〈2〉 Book 果断―隠蔽捜査〈2〉

著者:今野 敏
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログのお友達♪

  • EKKOさま
    EKKOさんの読書日記。他、音楽やスケートの話題もあります。
  • hitoさま
    hitoさんのブログ「日々のつぶやき」  本と映画の話題が満載です。
  • kanakanaさま
    kanakanaさんのブログ「kana's bedside」 おしゃれな日常や映画、本の話題がいっぱいです。
  • なぎさま
    なぎさんのブログ、「陽だまりの図書館」 読書の幅も広く、若い方向けの本も多数お読みです。
  • ぱせりさま
    児童書から、翻訳書まで読書の幅が広いブログです。
  • まゆさま
    まゆさんのブログ、「空と海の青」です。読書日記の「読み人の言の葉」にもここからいけます。すごい読書量で、心から尊敬している私です。
  • ゆきみさま
    お友達のゆきみちゃん。「ゆきみのゆるみ」です。ブログ、引っ越しされたそうです。
  • 杏子さま
    杏子さんの読書日記。「杏のらんどく日記」 私の苦手なファンタジーをよくお読みです。
  • 苗坊さま
    すごい読書の量に、V6の話題満載。楽しいブログです。